TRPGをやりたい!

TRPGのトビラをひらこう!

【ソード・ワールド2.0リプレイ】幕間雑談【英雄志望と二つの剣2nd season 5-0】

<前回 第1シーズン2nd−1カシウス過去編2nd−22nd-32nd-4

 

ここまでのあらすじ

冒険が始まった街、ダインハイト要塞はその事実上の指導者ノイルの裏切りによって陥落した。難民を守りながら街を逃れた冒険者たちは、帝国領アイラットで復興支援をしながら冒険者業を再開しつつあった。しかしダインハイト脱出時に公王の息子フレデリックに託された魔剣に関わる首飾りを巡って、政治的混乱の渦中に巻き込まれてしまう。帝国の政治が乱れていることを感じ取った前線指揮官のラトヴィックは、秘密裏に冒険者たちを自治区ムートランドに送り出した。それぞれの問題を抱えながら、冒険者たちは魔動機都市ムートランドの冒険者の宿「追憶の魔動鐘亭」、通称リンガベルに身を寄せる。そこは冒険者の一人、クキバミにとって馴染み深い場所でもあった……。

続きを読む

【ソード・ワールド2.0リプレイ】弱くても、進む【英雄志望と二つの剣2nd season 4-12】

<前回 第1シーズン2nd−1カシウス過去編2nd−22nd-32nd-4

 

前回のあらすじ

アイラットで巻き起こっていた政治的混乱は、冒険者たちの物語と交わりながら、騎士団営所で大型魔動機が市民に発砲するという事件で急速にクライマックスへ向かった。すでにこの事件が帝都で知られていたという事実は、この騒動が商会派によって仕組まれていたことを暗示していた。前線指揮官を下されたフロンタ・ラトヴィック隊長は、その権限を活用できる最後の機会にアークたちを逃すことに決め、いまその指示に従っていたコーラルに声をかけた。

 

続きを読む

【ソード・ワールド2.0リプレイ】弱くても、進む【英雄志望と二つの剣2nd season 4-11】

<前回 第1シーズン2nd−1カシウス過去編2nd−22nd-32nd-4

 

前回のあらすじ

女に騙されて騎士団の営所で戦闘状態に陥ったカシウスは、そこでまた一人の女を落とし始めた。もう奴は病気としか思えない。そんなことだから女で苦労するし光の妖精さんがヤキモチ焼いてファンブルするんだ、いい加減にしろ。そんなプレイヤー全体からのツッコミの中、カシウスは気絶したミカを抱き起こし、その他の冒険者たちはミカの体内から現れた謎の霧状生物を逃すまいと戦闘態勢に入る。

続きを読む

【ソード・ワールド2.0リプレイ】弱くても、進む【英雄志望と二つの剣2nd season 4-10】

<前回 第1シーズン2nd−1カシウス過去編2nd−22nd-32nd-4

 

前回のあらすじ

とらわれていたレイラとコーラルを助け出したが、その後ろから現れた戦闘用魔動機クィンドゥーム。苦戦の末ようやく煙幕が晴れ、満身創痍ながらもクィンドゥームを半壊させることに成功していた。さらにアークが飛び出してミカを斬り倒したと思ったが、彼女は執念で再び立ち上がる。

続きを読む

【ソード・ワールド2.0リプレイ】弱くても、進む【英雄志望と二つの剣2nd season 4-9】

<前回 第1シーズン2nd−1カシウス過去編2nd−22nd-32nd-4

 

前回のあらすじ

要塞戦用大型魔動兵器クィンドゥームが起動した。その巨大な体躯に搭載された4門もの銃砲が立て続けに冒険者たちを襲う。ミカは魔動機のセンサーの性質を活用すべく、煙幕で冒険者たちの視界を塞ぐ。勝利を確信するミカだが、煙に閉ざされた空間に目覚めたアークが剣を手に斬り込んだ。はたして最後に立っているのはどちらなのか……

続きを読む

【ソード・ワールド2.0リプレイ】弱くても、進む【英雄志望と二つの剣2nd season 4-8】

<前回 第1シーズン2nd−1カシウス過去編2nd−22nd-32nd-4

 

前回のあらすじ

この街には狂った女NPCしかいないってのか!!

カシウスを騎士団の野営地に送り込んだレイチェルは、そこで何かが起こることで自分たち帝国商会の力を強くしようと企んでいた。カシウスたちを抗議市民の代表に偽装することで、騎士団と市民の対立を演出したのである。そんな計画とは無関係に、何者かに操られているミカはその銃口をカシウスたちに向けた。

続きを読む

【ソード・ワールド2.0リプレイ】弱くても、進む【英雄志望と二つの剣2nd season 3-7】

<前回 第1シーズン2nd−1カシウス過去編2nd−22nd-32nd-4

 

前回のあらすじ

騎士の服を奪って逃げ出したレイラとコーラルは、侵入したカシウスたちと合流する。互いの状況を確認したところで、営所の外でなにやら騒ぎがおこりはじめた。状況を掴めないまま身を隠した4人は、営所の外の騒ぎに耳を凝らして状況を把握しようとする……

 

続きを読む