TRPGをやりたい!

TRPGのトビラをひらこう!

オススメのクトゥルフ神話TRPG動画10選【100記事目記念】

私自身、TRPG動画がきっかけでTRPGに興味を持ち、現在に至っています。

今日は、私がオススメするクトゥルフ神話TRPGの動画シリーズを紹介しようと思います。

 

私の選出基準は以下の通りです。

①実際の卓でのプレイの参考になる

②優れたオリジナルシナリオを利用している

③二次創作キャラクターに演出を依存し過ぎていない

④完結済みである

 

 

本当にあったSAN値が下がるクトゥルフTRPG

クトゥルフ神話TRPGは決して難しい遊びじゃありません。シナリオを用意してくれたキーパーにはちょっと悪いのですが、プレイヤーは自由に、気ままに、楽しむことだってできます。ほんの少しだけ肩の力を抜いて、楽しく遊べるクトゥルフ神話TRPGの世界に足を踏み入れてみてください。

 

【CoCリプレイ】闇をゆく者達の宴【TRPG】 シリーズ

 圧倒的な完成度を誇るこの動画シリーズ。全編が手書きのキャラクターによる簡易なアニメーションとして構成されており、二次創作キャラクターなどについての知識を持たない視聴者にとって、最も見やすい動画シリーズとして仕上がっています。シナリオもオリジナルのものがプレイされており、クライマックスの盛り上がりは圧巻です!そしてこのシナリオが公開されているというのも嬉しいところ。情報は多く、マスタリングは難しいかもしれませんが、みなさんもぜひプレイしてみてください。

 

【ゆっくり実況】ふたりでクトゥルフ!【クトゥルフTRPG】 シリーズ

 クトゥルフ神話TRPGをプレイするとはどういうことか、よく考えさせられる動画シリーズです。キーパーとプレイヤーが1対1でクトゥルフをプレイしながら、そのハウツーを整理してくれます。シナリオはO-kumaさんが自ら執筆なされた、「とおりゃんせ」というジャパニーズホラーが採用されています。このシナリオも公開されているので、動画を見終わったら、友人一人を誘って、早速プレイしてみましょう!

 

【1930s日本】ゆっくり達のモダンエイジクトゥルフ シリーズ

 クトゥルフ神話TRPGの魅力は、ゲーム内の時代を選ばないことです。こちらの動画シリーズでは、1930年代の帝都東京を舞台に、おなじみのキャラクター達が神話的事件に巻き込まれます。こちらの動画シリーズを投稿なされている「なんとかかんとか」さんは、1930年代日本のほか、1920年代アメリカを舞台にした「ゆっくり達のジャズエイジクトゥルフ」というシリーズも投稿なさっています。ともに時代考証を交えた興味深いリプレイに仕上がっていますので、卓のプレイ幅を広げるためにはもってこいの一作です。

 

ゆっくりクトゥルフの怪談 シリーズ

実力派の作品が並びましたが、ここからは少し力を抜いて見られる作品を紹介します。こちらの「ゆっくりクトゥルフの怪談」シリーズは、学生探索者を利用した、いわゆる「学校の怪談もの」のシナリオを遊んだリプレイです。 これまでに紹介した作品と違って、いわゆるキャラ萌えの要素が含まれていて、気軽にリプレイを見たい方にはぴったりの良作に仕上がっています。

 

まどろみのなかでゆっくりクトゥルフTRPG シリーズ

こちらの動画シリーズは、二次創作キャラクターによるキャラ萌えの掛け合いがほとんどないにもかかわらず、独特なリズムで笑いを誘ってくれるシリーズです。私自身、その「ほんわか」な魅力にとりつかれてしまい、周回視聴しています。全シリーズ通算すると、動画の合計再生時間はずいぶんなものになるのですが、ぼんやりと見ていても飽きない魅力をもった、不思議な動画シリーズです。

 

【クトゥルフ神話TRPG】 能「舎界」【ゆっくり】 シリーズ

今回特にこの動画を紹介しますが、ぜひとも「A2」さんの投稿なさったリプレイ動画は全て視聴してみてほしいな、と思います。さきの「まどろみ」シリーズを超える、独特なリズム感のなかで、コンパクトにキビキビと問題を解決していくプレイヤーの知的なプレイを楽しむことができます。不必要な感情演出などが少ないこともあって、TRPG熟練者の動きに最も近いプレイングを再現してくれているのではないかと思います。そうした自由気ままなプレイヤー達に踊らされないキーパリングスキルもまた見もの。

 

単発ゆるふわ系CoCリプレイ「毒入りスープ」 ほか
「ごんずい」さんのリプレイ動画

次に紹介したいのが、こちらの動画です。この動画自体は、単発で完結するのですが、同じシナリオを別のプレイヤー達がプレイした動画もアップロードされています。一つのシナリオにたくさんの展開と結末があり、自由な発想でプレイできるということを示した素晴らしい動画シリーズになっています。また、プレイヤー達がキーパーからの話を元に描いたという背景画も、雰囲氣たっぷりで、リプレイを盛り上げてくれています。 

 

【CoCゆっくりTRPG】シチリアの挽歌 シリーズ

最後に紹介する動画ですが、こちらは完成度の割にいまひとつ再生数が伸びていない、「もっと評価されるべき」リプレイ動画シリーズです。記者のインタビューによって、当時を振り返った回顧録として動画が構成されていて、他のリプレイ動画とは全く異なる、非常に洒落た雰囲氣と、その雰囲氣を壊さない力ある語彙選択によって、もっともクトゥルフ神話の原作シリーズに近い作風に仕上がっています。舞台は1920年代のシチリア島という、かなり珍妙なものですが、間違いなく一見の価値ありです。

 

 

まだまだ紹介したい動画もあるのですが、10選ということで、今回はここまでにしておきます。まずはこれらの動画をご覧になって、それから、みなさんの趣味にあったTRPGリプレイ動画をお探しになってみてください。