TRPGをやりたい!

TRPGのトビラをひらこう!

【ソード・ワールド2.0リプレイ】弱くても、進む【英雄志望と二つの剣2nd season 4-10】

<前回 第1シーズン2nd−1カシウス過去編2nd−22nd-32nd-4

 

前回のあらすじ

とらわれていたレイラとコーラルを助け出したが、その後ろから現れた戦闘用魔動機クィンドゥーム。苦戦の末ようやく煙幕が晴れ、満身創痍ながらもクィンドゥームを半壊させることに成功していた。さらにアークが飛び出してミカを斬り倒したと思ったが、彼女は執念で再び立ち上がる。

 

 

第4ラウンドエネミーサイド

カシウス:「ミカ……もういいだろ! そんなボロボロになってまでやるべき戦いなのか!」

 

クィンドゥームの行動

左胴体 射撃攻撃 対象コーラル
 命中判定 2d6+11 → (4,4)+11 → 19
 回避判定 2d6+11 → (5,1)+11 → 17 lose…
 ダメージ 2d6+8  (5,4)+8  17(コーラル残りHP8)

右砲塔 次弾装填

 

コーラル:「っっ……しけたツラしてんじゃねぇぞ、野郎どもぉぉ!!」衝撃で浮いた足を地面に叩きつけて踏ん張る

コーラル:「アァァァァァク!! 腑抜けたツラしてんじゃぁねぇよ!! 男ならきっちり決めてみせろ! 女のアタイとレイラと……ミカの方が、体張ってんぞコラァァッ!」

アーク:「コーラル!? 生きてたんだ!」

 

ミカの行動

補助動作魔法 クイックローダー(MP-4 ガンに弾丸を装填)
ショットガン・バレット装填
射撃攻撃 対象アーク・カシウス

ミカ:「この国のためにも、あなたたちのような……冒険者のような無責任な人たちに……魔剣の手がかりを渡すわけには……」

カシウス:「来い! お前の全力に勝って、意地でもここは通してもらう……!」

GM:ミカは力を振り絞って銃口を二人に向けて引き金を引きます

 命中判定 2d6+9 → (3,6)+9 → 18
 回避判定 アーク 2d6+8 → (5,4)+8 → 17 lose…
      カシウス2d6+9 → (6,5)+9 → 20 win!!
 威力20+11(C10) →(5,1)→ 4+11 → 15(アーク残りHP43)

アーク:……一人だけ

コーラル:てめぇ……

カシウス:無傷の男

f:id:xuesheng:20171115205149j:plain

 

第5ラウンド 冒険者サイド

アーク:ミカの残りHPが1じゃ、僕が攻撃したら死んじゃうかもしれないけど

クキバミ:……ミカの状態について何かわからないか?

GM:では、クキバミは魔者知識判定をしてみてください。目標値は16です

クキバミ:魔者知識判定 2d6+8 → (1,2)+8 → 11 失敗

GM:では、クキバミはミカの身に何が起こっているかはわかりませんが、どこからか魔神語を聞きます

クキバミ:耳ピク!

魔神語の声:「「まだだ、魔剣の力を奪うまでは……」」

GM:その声はミカの体から発されていますが、明らかに声質は異なります

クキバミ:「……アーク、カシウス。ミカは操られている可能性がある。気絶させてふん縛って正気に戻すぞ」

カシウス:「操られてる? 今の声もか?」

アーク:「なら……」剣を左手に持って、右手の拳を握るよ

 

アークの行動

魔力撃を宣言! パンチ 対象ミカ
 命中判定 2d6+10 → (4,3)+10 → 17 win!!
 回避判定 2d6+7 → (1,6)+7 → 14
 威力0+14(C12) →(1,5)→ 1+14 → 15
 防護点7 15 - 7 = 8点物理ダメージ(ミカHP-7)
 生死判定 2d6+9-7 → (6,2)+2 → 14 > 0 生存・気絶

アーク:「ごめん!」

GM:アークが拳を振り抜くと、不屈のミカもついに弾き飛ばされて地面に崩れ、意識を失い、持っていた銃が地面に転がります

 

GM:指示者であるミカの生体反応の異常を感知したのか、クィンドゥームはボロボロの状態で皆さんに警戒しながらミカを守るように行動しようと動きを微妙に変化させます

コーラル:主人を守るようにプログラムされてるのか

GM:これで無用の争いがようやく終わったかと思ったそのとき、ミカの口から紫色の煙が噴出します

レイラ:気持ちわるい

クキバミ:おげれつー

GM:その霧は空中で奇妙な形を作り上げながら、霧状にもかかわらず、たしかに交易共通語で声を発します

 

霧状の何か:「もう少し役に立つと思ったんだがな……隠れ蓑にすらならんとは」

 

アーク:シャベッタァァァァァ!!

GM:みなさん、クキバミも含めて、もう一度魔者知識判定を行ってください

 

魔者知識判定

 クキバミのみ成功
  →レドルグ(バルバロステイルズ150ページ)

 

コーラル:今度は見抜いたか!

クキバミ:当然よ

アーク:通常武器無効

コーラル:7レベルウィザード……しかし、この状況ならそこまで怖くはねぇな

GM:ラウンドを継続します。このラウンドはすでにアークが行動済みです

 

クキバミ:「あの霧はレドルグじゃ! 人に取り付いて甘言をささやき、取り付いた人の望みを多少無茶な手段で叶えたかと思いきや、決まって恐ろしい破滅に導く、人の心に付け入る魔神ぞ!」

カシウス:「それで……」

レイラ:「あの声はそういうことだったんですね」

アーク:クィンドゥームがこっちを攻撃してこないなら、放置してまずは武器に魔力をこめないと。カシウス、お願いできる?

カシウス:……もうMPナイヨ

アーク:大切なときに!!

コーラル:時間はかかるがクキバミに一人ずつやってもらうしかない。レイラは前線突入が先か?

 

レイラ:……ミカさんを起こしましょう

コーラル:はぁ!?

レイラ:正気に戻っているなら、ミカさんを起こして、ドゥームに命令してもらいましょう

アーク:アウェイクン!! したいけどもう行動済みだよ!

カシウス:俺、アウェイクンポーション持ってる……

レイラ:……

コーラル:……

クキバミ:また女の子落とすのか

アーク:どんなときでもフラグを立てる

レイラ:そう、カシウスならね

 

GM:カシウスが何言って説得するか次第ですが、やってくれたらGMとしては応えますよ、おもしろそうなので

カシウス:難易度高すぎ問題

アーク:ほら、カシウスのギャルゲーワールド見せてよ!

カシウス:いくぞ! GW2.0!!

 

カシウス:「魔神……だけど、魔神なんて関係ない! いま、俺がやるべきことは!!」

GM:カシウス以外の全員が満身創痍の中、さらなる敵が登場したことで、パーティ全体の限界を感じたカシウスは、あるアイディアを胸に女の元へ走る!!

クキバミ:言い方

アーク:かっこいいはずなのにカシウスだからかな……なんか違う……

カシウス:そして懐からアウェイクンポーションを取り出し、ミカを抱きかかえて飲ませる!!

 

コーラル:しかし傷を負った彼女はうまく飲み込めないようだ!

レイラ:そこでカシウスさんは、もちろんとっさに……?

GM:これをみんなの期待の目というんだ!!

 

カシウス:なにこれ? もうどうにでもなるがいいや!!

 

カシウス:「みんなのために必要なんだ……ちゃんと、飲み込んでくれ……!」アウェイクンポーションを口移しで流し込むよ!!

 

アーク:きゃーっ!

クキバミ:(何やってんだあいつ)

 

カシウス:「ミカ! 大丈夫か! 俺だ、カシウスだ!」目を開くとそこにはミカを見つめるカシウスの姿が

ミカ:慌てて落ちていた銃を拾おうとするが手が届かない!

カシウス:「ミカ、もういいんだ! お前の身体はもう自由なんだ、だから、もう俺たちと戦う必要はない!」銃に手が届かないように腕ごと強く抱きしめる

 

アーク:カシウスのせいで戦闘が頭に入らないんですが

レイラ:レドルグさん今何やってます?

GM:いま皆さんと戦っているはずなので、このラウンドのカシウス以外の行動を受け止めているところかと

クキバミ:とりあえずその背景で補助しておくか……あとでどやそ

 

クキバミの行動

エフェクトウェポン 対象レイラ
 行使判定 2d6 → (4,6) → 10 成功
 レイラのハードノッカーに水属性を付与、ダメージ+2

 

コーラルの行動

ポーションを使用
 威力20+5(C13) →(5,4)→ 7+5 → 12(コーラルHP20)

 

レイラの行動

通常移動 敵後方乱戦エリアに侵入
魔力撃宣言! 対象レドルグ
 命中判定 2d6+10 → (3,4)+10 → 17 lose…
 回避判定 2d6+9 → (4,6)+9 → 19

追加攻撃
 命中判定 2d6+10 → (1,6)+10 → 17 win!!
 回避判定 2d6+9 → (5,2)+9 → 16
 威力10+17(C10) →(4,4)→ 4+17 → 21
 防護点0 21点物理ダメージ(残りHP54)

 

カシウスのギャルゲーワールド!

ミカ:「自由? 何を言って……」

カシウス:「そんなにボロボロになってまで俺たちと剣を交える必要はないんだ! いったい何のために、俺たちが戦わなくちゃならないんだ!」

ミカ:「魔剣を……わたしは、ラトヴィック卿に……あの人が、導かないと、この国は……」

 

カシウス:「この国は、俺たちが導く!」

 

GM:なんだと!?

レイラ:どどーん!

カシウス:「ダインハイトを失って、農民と騎士は争って……たしかに、誰かが正さなくちゃならない……なら!」

カシウス:「俺たちが導いてやる!」 

ミカ:「……ラトヴィック卿があなたたちに目をかけている理由、初めてわかりましたよ」

カシウス:「スプライト! レイラとこの子を回復しろ!」

 

魔法拡大数を指示 対象レイラ・ミカ
プライマリィヒーリングを指示
 行使判定 2d6 → (4,5) → 9 成功
 レイラとミカのHPが13点回復

 

カシウス:「ま、俺一人じゃ何もできないんだけどな」

ミカ:「アーク、ですか……」

カシウス:「ああ、俺の親友だ」

f:id:xuesheng:20171115205819j:plain

 

 

 

GM:はーい、みなさーん、このシナリオ終わったらキャンペーン全体に修正の手加えまーす

レイラ:wwwwww

コーラル:カシウスがキャンペーンのプランをも変え始めた

アーク:ちょっと! 主人公僕なんだけど!

 

 

次回につづく