読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TRPGをやりたい!

TRPGのトビラをひらこう!

【ソード・ワールド2.0リプレイ】アイラットは雨模様【英雄志望と二つの剣2nd season 1-10】

<前回 第1シーズン2−1

 

前回のあらすじ

ビッグアーチャーと遭遇した冒険者たちは、同時に自分たちの背後に迫る様子のおかしなエレファントの姿を発見する。うまく距離を取りながら戦闘を続ける冒険者たち。果たしてこの平原で何が起こっているのだろうか?

 

第2ラウンド 冒険者サイド

アークの行動

アーク:17m移動! 魔力撃宣言!

アーク:「カシウスどいてーーっ!」

カシウス:「えっ?」

魔力撃宣言! スティールブレイドで攻撃!
 命中判定 2d6+8 → (2,4)+8 → 14 win!!
 回避判定 2d6+4 → (3,2)+4 → 9
 威力24+14(C10) → (2,3) → 4+14 → 18
 防護点2 16点物理ダメージ(残りHP50)

アーク:避けるなんてカシウスじゃない

カシウス:ひどい理屈だ

GM:アークの魔力を帯びた剣はツタを大地ごと引き裂かんばかりに振るわれます

 

GM:なるほど、アークの移動力は17mだったのか……20mは突入には最適距離だったわけですね

アーク:制限移動から魔法使って、次のターンでちょうど突入できるからね!

GM:さてお次は

 

レイラの行動

レイラ:続きます!

キャッツアイ宣言(MP-3、命中+1、3R)
魔力撃を宣言! ハードノッカーで攻撃
 命中判定 2d6+8 → (5,5)+8 → 18 win!!
 回避判定 2d6+4 → (4,3)+4 → 11
 威力10+13(C10) → (2,1) → 1+13 → 14
 防護点2 12点物理ダメージ(残りHP38)

追加攻撃!
 命中判定 2d6+8 → (2,3)+8 → 13 win!!
 回避判定 2d6+4 → (2,6)+4 → 12
 威力10+13(C10) → (4,4) → 4+13 → 17
 防護点2 15点物理ダメージ(残りHP23)

レイラ:「お待たせしました!」

カシウス:「助かる!」

 

カシウスの行動

カシウス:さすがに草相手なら当たるかな?

カシウスの通常攻撃!
 命中判定 2d6+5 → (5,4)+5 → 14 win!!
 回避判定 2d6+4 → (3,4)+4 → 11
 威力8+4(C9) → (6,2) → 4+4 → 8
 防護点2 6点物理ダメージ(残りHP17)

カシウス:これならこのラウンドで処理できるな

サラー:「ノイちゃん、決めるわよ」

ノイ:「わかった、先行くよ」

 

ノイの行動

制限移動で3m前進

ターゲットサイト起動+クリティカルバレット装填!(MP-5)
 命中判定 2d6+9  (6,4)+9  19 win!!
 回避判定 2d6+4  (1,4)+4  9
 威力20+5(C9) →(3,6)→1回転!→(4,2)→ 7+4+5 → 16
 防護点無効 16点魔法ダメージ(残りHP1)

ノイ:「あと一押し! サラーお願い!」

 

サラーの行動

サラー:「任せなさいっ」

制限移動で3m前進

通常矢で攻撃!
 命中判定 2d6+9 → (3,2)+9 → 14 win!!
 回避判定 2d6+4 → (5,3)+4 → 12
 威力28+10(C10) → (1,3) → 3+10 → 13
 防護点2 11点物理ダメージ(残りHP-10)→撃退!

 

GM:ビッグアーチャーは盛んにツタを上下動させては棘を射出していましたが、サラーの矢が一帯のツタの核心近くに突き刺さると、その最後の神経接続をついに断ち切ったのか、ツタは動きを止めます

サラー:エレファントは最低でもあと1ラウンドは私たちに攻撃できないわね

GM:そうか……簡易戦闘ルールと違って制限移動で距離を取れるのか……*1

 

第3ラウンド エネミーサイド

GM:よし、ならもう待たせた方が皆さんには都合が悪いですね。エレファントを20m前進させます

エレファントの行動

20m前進

 

位置の確認

エレファント<ーー4mーー>サラー<ーー3mーー>ノイ<ーー14mーー>3人

 

第3ラウンド 冒険者サイド

サラー:前衛と後衛を切り替えるわよ

アーク:二人とも僕たちの後ろに下がって

 

サラーノイ→右方向に18m移動

アークカシウスレイラ→待機

 

位置の確認

エレファント<ーー21mーー>3人<ーー1mーー>サラー<ーー3mーー>ノイ

 

第4ラウンド エネミーサイド

GM:エレファントは20m接近します(あと1m)

 

サラー:…さて、戦う必要があるかしらね

アーク:相手が襲ってこない限りないけど、襲ってこられたら仕方ない

サラー:GM、なにかこの子に異常が見られないかしら?

GM:では薬品学判定11をお願いします

 

薬品学判定→全員失敗(アークはラック消費)

 

GM:ではわかりません。興奮状況から見て、なんらかの精神効果を受けていることには違いないようですが

サラー:……アーク、やる?

アーク:同じこと思った

レイラ:「あのゾウどうします?」

サラー:「放っておいて旅人に悪影響を与えてもよくないものね。出来る限りのことはしましょう」

アーク:「みんな下がって! 僕がなんとかするから!」

ノイ:「なんとかって、何か方法あるの?」

 

アーク以外の行動→後方へ退避+レイラがアークにプロテクション

 

アークの行動

制限移動で前進+乱戦エリア形成

マルチアクション宣言!

アーク:シールドバニッシュだ!

GM:バニッシュ!?

サラー:サニティじゃないの!?

アーク:あ、名前間違えた! サニティだ!

サニティを行使!(MP-3)
 行使判定 2d6+8  (6,5)+8  19 win!!
 精神抵抗 固定値

アーク:「正気に戻って!」と言いながら盾で叩きます

GM:シールドバッシュと混ざったシールドバニッシュが尾を引いてる!!

アーク:必殺、シールドバニッシュ!

レイラ:だからサニティですって!

カシウス:それもう別の技だから!

 

GM:バチコーン! と、ゾウの額にアークが盾を叩きつけると、興奮気味だったゾウは不意に動きを止め、二歩ほど下がって驚いたように辺りを確認します。どうやらなんらかの原因で興奮させられていただけのようです

 

戦闘終了! 冒険者勝利!

 

戦利品

カシウス:(6,4)→10 強靭なつる×2(600G)

 

レイラ:「……よかった、落ち着いてくれましたね」

アーク:「僕のサニティ(物理)のおかげだね!」

ノイ:やさしくない接触だ……

アーク:カシウスにもメイスでサニティ(物理)したね*2

カシウス:あれは痛かった……

 

GM:さて、ここで前衛にいたレイラはゾウを確認すると、一つの太矢が刺さっているのに気がつきます

レイラ:「! コレが原因ですかね?」抜いてみましょうか

レイラ:「ちょっと痛いかもしれませんが、我慢してくださいね」ズボッと

GM:一度わずかに暴れますが、すぐに落ち着きます

レイラ:「よしよし、痛かったね」アースヒールで傷を塞いでおきますね

カシウス:森の仲間には優しいのか……

レイラ:何か言いました?

アーク:うほっうほっ

ノイ:ゴリラ語で否定しても通じないよ

 

GM:さて、これにてこのシナリオの戦闘は終了ですが、もうちょっとだけシナリオ自体は続きます

 

 

次回につづく

*1:キャンペーン初の通常戦闘ルールであり、なおかつこのとき諸都合でセッションが数週間ぶりだったこともあり、様々な判断が後手に出ていました

*2:シーズン1、1-4参照