読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TRPGをやりたい!

TRPGのトビラをひらこう!

【ソード・ワールド2.0リプレイ】ダインハイト要塞、陥落【英雄志望と二つの剣5-1】

<前回 オープニング1−1過去編2−13−14−1|5−1|←イマココ

 

ここまでのあらすじ

冒険者たちがこれまで過ごしてきたダインハイト要塞は、騎士団長ノイルの陰謀によって陥落しようとしていた。そんな中自らの危機を乗り越えて駆けつけたカミラから、市民の誘導をお願いされた冒険者たち。しかしフレデリックの保護も優先しなければならない。難しい判断を迫られていた。

 

f:id:xuesheng:20170111163228j:plain

 

 

少年は自らの責務に気づく

アーク:「…僕たちは、逃げなきゃダメだよ」

サラー:「…」

フレデリック:「アーク…アークは強い…」

アーク:「…」

フレデリック:「お前たちは、私を無事に帝国領まで連れ出すのが仕事…そうだな?」

レイラ:「今のうちならまだ安全です。すぐに向かいましょう」

サラー:「…」

フレデリック:「私だって……私だって公王の息子だ! この国を捨てておめおめと逃げるなど…に、逃げるなど…」膝ガクガク

アーク:「逃げてもいいんだよ。大丈夫。取り戻しに来ればいいんだよ! いま逃げないで戻ったら、死ぬんだ。だから逃げないと!」

フレデリック:「でも…姉上が、この国を守ろうとしているんだろ!? だったらわたしも力を尽くす…!」

レイラ:「あなたまでここに残っては人類を危険にさらします!」

フレデリック:「もちろんだ、私は死ぬ気などない…っ! 私は弱い…だからな…だからこそ…私にはこの公国の民が必要なのだ! 一人でも多く助ける。その間私を守れ。あと少しでいいんだ、頼む!」

サラー:(…王の資質、か)

ノイ:(さすがってところかな)

レイラ:「………お供させていただきます…!」

カシウス:「守りたいものがあるなら、俺は力を貸す」

アーク:「うん! いつまでも付き合うよ!」

次代を見つめる漢女(おとめ)

サラー:「…フレデリック様、それは冒険者たるアタシ達に追加の仕事の依頼ということでいいのかしら?」

フレデリック:「そうだ、仕事の依頼だ!」

サラー:「なら、追加報酬が必要よ。あなたはアタシ達に、アークに、そして市民たちに…何を渡せるのかしら?」

レイラ:「サラーさん!!」

サラー:無視!

フレデリック:「報酬ならある…あるぞ…」キッと睨んで両手を強く握ります

サラー:「……」

カシウス:「サラー、フレッドはもう家を失ったんだ、ない袖は振れない…何を望まなくても…」

サラー:これも無視!!

アーク:フレッドを力強く見守るよ、だって、報酬ならある!

 

フレデリック:「…人はな…この国の人々はな…人々こそが未来なんだ! 私の信じる未来をお前たちに見せてやる! それが私の約束する、報酬だ!!」

 

アーク:よし! よく言った!

レイラ:かっこいいです!

サラー:「ふっ……報酬は“未来”ね。とんだ出世払いもあったものだわ」

アーク:「でも悪くないでしょ?」

サラー:「もちろんよ。ご命令を、クライアント。我らはあなたの剣となり、弓となりましょう。フレデリック・ヴェルチ様」

カシウス:「…そういう、ことか」

レイラ:「サラーさん……!」

ノイ:「さすが、公王の血だね。わたしもわたしの意思で協力する」

フレデリック:「よし、ならばできる限りの市民を助けよ! そして私の逃走が遅れればお前たちの命も危ない。足の速い馬がいる……違うぞ、これは前とは違う! 私の道を進むための馬だ! 自分では乗りこなせんがな!」

アーク:「馬だね! 任せてよ、馬の良し悪しは少しはわかるつもりだよ!」

ノイ:フレッドが第1シナリオの悪ガキと同じ人とは思えないイケメン…

サラー:(…驚いた、状況が見えているようね。人を率いる資質があるかもしれないわ…アークといい、面白い…)

アーク:「友達からの依頼、絶対に失敗できないね!」

ノイ:「そうだね、未来を報酬に示されて失敗なんて、名折れもいいとこだし」

カシウス:「なによりも、多くの人の命がかかっている」

 

GM:では、今回のシナリオ前半で遊ぶことになるミニゲームを紹介します

 

市民救出大作戦 ルール

8R+早期救出ボーナス3Rの11Rの間、市民救出を試みます。
このラウンドは救出ラウンドと呼び、経過時間は30分とします。

1Rの間にできる行動は3種類あります。
 1:市民の誘導→そのラウンドに逃走する市民数を増やします
 2:乗り物捜索→馬や馬車など逃走用の騎獣を探す
 3:治安の維持→逃走市民の治安を維持します

3つの要素はそれぞれポイントで管理します。

 

市民の誘導

そのラウンドに逃走する市民の数を増やします。
冒険者技能レベル+敏捷度ボーナスを基本値にしたダイスロールを行います。
ダイスの結果と同数の逃げ遅れた市民を救出することができます。

 

乗り物捜索

逃走用の乗り物を探します。馬から馬車・チャリオットまで、合計ポイントに応じて獲得できます。
冒険者レベル+知力ボーナス あるいは 冒険者レベル+器用度ボーナス を基本値にダイスロール。結果と同じ値を乗り物スコアに加算する。

 

治安の維持

治安の最低値は5点とする。毎ラウンドの終了時に治安スコアは倍増する。
治安スコア15点以降、10点刻みで治安レベルが変化する。
治安レベルはそのまま他の行動のダイス結果に対するペナルティとして機能する。
治安レベルに応じた回避力に対して攻撃宣言後命中判定を行い、ダメージ分の治安スコアを下げることができる。

倍増するため早いうちに小刻みに手を打つのが吉。

 

市民救出大作戦の開始

GM:とりあえずルール把握がてら1Rやってみましょうか

 

1R目

 全員が市民を誘導→合計61人
 ラウンド終了治安スコア倍増→10点(治安レベル0)

 

GM:3Rはアークが前回暴走したボーナスなので、練習と思ってください。この逃走市民の合計値から、今回の報酬と名誉点が決定します

ノイ:なるほどね

 

2R目

 全員が市民を誘導→合計54人
 ラウンド終了治安スコア倍増→20点(治安レベル1)

 

GM:治安レベルが上がると治安維持以外のすべての行動にペナルティ1が課されます。

アーク:ここで騒ぎを収めなきゃ手がつけられなくなるね

GM:そういうことです。誰かやってみますか?

ノイ:じゃわたしがやってみる

 

3R目

 ノイはターゲットサイト・ソリッドバレットで市民を沈静化
  命中判定 2d6+7 → (6,5) → 18 成功
  回避判定 固定値14(治安レベル1)
  威力20+5 → (1,3) → 2+5 → 7(治安スコア13点)
  治安レベル低下! ペナルティ解除

 カシウス・レイラ・サラーの市民誘導→合計51人

アーク:ねぇこれ、治安が26点になったら回避って上がるの?

GM:あがりますよ

アーク:そしたら手がつけられなくならない?

サラー:なるわね…アークちゃん、今のうちにお願い

 アークはメイスで威嚇して治安維持
  命中判定 2d6+8 → (1,6)+8 → 15 成功
  回避判定 固定値14(治安レベル0)
  威力30+12 → (5,3) → 8+12 → 20(治安スコア5点最低値)

 ラウンド終了 治安スコア倍増→10点(治安レベル0)

 

GM:わかってきましたか?

サラー:つまりたくさん人を逃がしたいから基本は市民を誘導…

レイラ:そして混乱が大きくなる前に治安維持活動を行ってスムーズな市民誘導を補助

ノイ:逃げ出すタイミングを見計らって乗り物の確保にも動く。バランスが大事だね

嫌な予感しかしない盤面

カシウス:なあ、盤面に市民コマが11個あるんだが

ノイ:救出した市民の数をコマに記録するみたいだよ。なぜかHPっていう項目としてね

サラー:…このあと追撃戦があるなら、それってつまり、そういうことよね?

アーク:逃走戦のときに、相手の攻撃ダメージぶんだけ市民が死ぬね

レイラ:え、なんですかその目も当てられない惨劇は…

カシウス:相変わらずエッグいこと仕込みやがるな…

GM:みなさんのお察しがよくてなによりです(にっこり

サラー:いつもの鬼畜眼鏡で安心したわ(苦笑

 

市民救出大作戦、本番の開始!

GM:さてここで早期救出ボーナス3Rが終わりましたので、ちょっとしたイベントです

サラー:今、例の巨人のコマが一歩動いた気がするんだけど…

GM:地鳴りのような音が遠くで聞こえ、砲撃音が空にこだまします。まだ東門の城壁で戦闘が続いているようです

カシウス:剣の神殿がやられてるんだろ? だったらあの巨人、中に入ってくるよな?

サラー:「…ッ! 嫌な予感がするわね」

レイラ:「一斉砲撃!? 東で何が…?」

ノイ:「まだ遠い。みんなを助けることに集中して」

 

4R目

 カシウス・ノイ・サラーの市民誘導→合計30人

ノイ:ごめんピンゾロ!

サラー:アタシもピンゾロ!?

アーク:2人連続って…

カシウス:みんなこういう気持ちで俺を見てたんだな

レイラ:アークさん、馬を探しておきませんか?

アーク:うん、わかった

 レイラ・アークの乗り物捜索→合計29点(何も発見せず)

 ラウンド終了 治安スコア倍増→20点(治安レベル1)

 

逃げ出すタイミングも自分たちで決める

サラー:逃走手段は最低40(移動力+10の馬)くらいあればいいわよね?

GM:逃走タイミングによります

カシウス:逃走タイミング?

GM:11ラウンドありますと宣言しているということは、11ラウンド目にのっぴきならない危機がここ西門にも到来するということです

レイラ:ああ…

GM:このシナリオ後半はみなさん御察しの通りの逃走戦です。つまり逃げ出すタイミングによって、初期配置が変わります

ノイ:11ラウンド目に逃がした市民を守りきる見込みはほとんどないかもね

サラー:そういうことになるわね…それに、逃走が遅れるなら逃げながら攻撃できるに越したことはないわ

アーク:チャリオット(100点)まで溜める?

サラー:余裕があればそうしたいわね

レイラ:でも余裕なんて…

GM:さて、それでは続きのラウンドも進めて参りましょうか

 

 

次回につづく