TRPGをやりたい!

TRPGのトビラをひらこう!

【ソード・ワールド2.0リプレイ】ユークライントの小遺跡【英雄志望と二つの剣 3-9】

<前回 オープニング1−1過去編2−13−1

 

あらすじ

閉じ込められた遺跡の奥で何やら重要そうな魔動機を見つけた冒険者たち。ノイを中心にハッキングを試みるが、うまくいかない。諦めた冒険者たちは遺跡の最深部に待つ番犬たちの元へ向かう。

 

魔物知識判定フェイズ

アーク:2d6 → (5,5) → 10 成功
カシウス:2d6 → (2,6) → 8 失敗
ノイ:2d6 → (2,6) → 8 失敗
レイラ:2d6 → (6,4) → 10 成功
サラー:2d6+4 → (1,1) → 自動失敗

→正体看破 ヘルハウンド+1*1

 

サラー:ぶふぅ やってしまったわ!

ノイ:サラーちょっと!

GM:成功している人がいるから変転の必要はないかな?

サラー:ありがたく50点をいただいておくわ…

 

盗賊にも死に場所を与えてやらねばなるまい

GM:さて、ヘルハウンドはヘルハウンドなんですが

アーク:ん?

GM:青い炎を吐いている方は属性が水・氷です

アーク:弱点つける攻撃できるひといないの!

カシウス:・・・むしろ俺の弱点なんだが

GM:さらに2匹ともレベルを1上昇させる措置を行なっております*2

サラー:ぶふぉぁっ

ノイ:レベル1上がるって…

サラー:攻撃を当てられる気がしないわ…

GM:まぁほら、先制判定してみましょうよ

 

先制判定フェイズ

カシウス:2d6+5 → (2,5)+5 → 12 失敗
サラー:2d6+3 → (2,1)+3 → 6 失敗

→エネミーサイド先制!

 

サラー:だいたい先制値17ってなによ!

カシウス:勝てる気がしねぇww

 

GM:戦闘開始前にこちらの行動ルーチンを説明しておきます。

GM:こちらは2匹同時に特殊技:炎の吐息(氷の吐息)を使うことはありません。交互に使います。

ノイ:ふむ

カシウス:それを聞いて安心した

サラー:だとしてもレイラちゃんは狙われたら死ぬわよ

レイラ:交互ってことは逆に言えば毎回ってことですよね

GM:どちらか一方を仕留めれば一気に楽になりますので頑張って下さい

 

配置フェイズ

エネミー 乱戦エリア→ツーカラーヘルハウンド

冒険者 乱戦エリア  →アーク
    味方後方エリア→カシウスノイレイラサラー

 

アーク:「僕がみんなを守る!」前に駆け出すよ!

カシウス:「アーク!」出たいけど青火に足がすくむ…

 

戦闘!(vs ツーカラーヘルハウンド)

第1ラウンドエネミーサイド

ヘルハウンド(青火)の行動

氷の吐息を宣言! 対象アーク
 氷の吐息 2d6+6 → (6,2)+6 → 14
 生命抵抗 2d6+5 → (5,2)+5 → 12 lose…
 ダメージ 2d6+5 → (3,1)+5 → 9
 9点氷属性魔法ダメージ(アーク残りHP17)

GM:空気が急激に凍てついて、氷の粒がアークの肌を切り裂きます

アーク:「このくらい!」

 

ヘルハウンド(赤火)の行動

牙による攻撃! 対象アーク
 命中判定 2d6+8 → (1,5)+8 → 14
 回避判定 2d6+3 → (5,3)+3 → 11 lose…
 ダメージ 2d6+5 → (6,2)+5 → 13
 防護点8 13-8 → 5点ダメージ(アーク残りHP12)

 

第1ラウンド冒険者サイド

カシウス:「光に集いし魂よ、その身をもって闇を照らし、求める者に癒しの力を!」

プライマリィヒーリングを行使!(MP-5)
 行使判定 2d6+4 → (2,5)+4 → 11 成功
 回復量固定値8 (アーク残りHP20)

アーク:「ありがとうカシウス!」

 

レイラ:腕の見せ所ですね!

キャッツアイを宣言(MP-3) 命中+1・3R
魔力撃を宣言! 対象ヘルハウンド(青火)
 命中判定 2d6+7 → (5,4)+7 → 16 win!
 回避判定 2d6+7 → (5,3)+7 → 15
 威力10+11(C10) → (1,2) → 1+11 → 12
 防護点3 12-3 → 9点物理ダメージ(残り54) 

追加攻撃!
 命中判定 2d6+7 → (4,1)+7 → 12 lose…
 回避判定 2d6+7 → (2,5)+7 → 14

レイラ:「ぐっ、あの体勢からかわすなんてっ!」

サラー:「一つ当てただけでもいい仕事よ! ひるまないで!」

 

アーク:「任せて! メイスなら当たるんだ!!」

魔力撃を宣言! 対象ヘルハウンド(青火)
2Hメイスで攻撃
 命中判定 2d6+6 → (4,2)+6 → 12 lose…
 回避判定 2d6+7 → (3,2)+7 → 12
ラックの消費を宣言!
 再判定  2d6+6 → (5,1)+6 → 12 lose…

アーク:「どうして!? 神様のバカー!」

 

ノイ:クリティカル狙わないと勝てないね、本気でいくよ

クリティカルバレット+ターゲットサイト起動(MP-5)
対象ヘルハウンド(青火)
 命中判定 2d6+7 → (1,4)+7 → 12 lose…
 回避判定 2d6+7 → (3,2)+7 → 12

ノイ:同値回避やめてよ!

 

サラー:いいかげん当てないとまずいわよ…

マッスルベアーを宣言(MP-3) 筋力B+2・3R
徹甲矢をつがえて 対象ヘルハウンド(青火)
 命中判定 2d6+6 → (6,1)+6 → 13 lose…
 回避判定 2d6+7 → (5,1)+7 → 13

サラー:執拗なまでに同値回避を…

 

カシウス:あと1、たった1だけ回避力が低ければ3つとも当たったのに…

アーク:レベルが1上がってるせいだよ! この鬼畜GM!

GM:いやぁ宝箱の罠にかかっていなければレベルが1低かったんですけどねぇ

ノイ:あっ

サラー:あーはーん

レイラ:みなさんそれ以上は!

アーク:やっぱり僕のせいなの!!?

 

第2ラウンドエネミーサイド

ヘルハウンド(赤火)の行動

炎の吐息を宣言 対象 アーク+レイラ
 炎の吐息 2d6+6 → (6,2)+6 → 14
 アーク精神抵抗 2d6+4 → (2,6)+4 → 12 lose…
 レイラ精神抵抗 2d6+1 → (6,1)+1 → 8 lose…
 ダメージ 2d6+5 → (5,1)+5 → 11
 炎属性魔法ダメージ11点
 アーク残りHP9 レイラ残りHP8

 

ヘルハウンド(青火)の行動

対象ランダム→アーク
牙による攻撃
 命中判定 2d6+8 → (1,4)+8 → 13
 回避判定 判定放棄
 ダメージ 2d6+5 → (5,2)+5 → 12
 防護点5 12-5 → 7点物理ダメージ(アーク残りHP2

 

第2ラウンド冒険者サイド

アーク:瀕死だよ!!

ノイ:まずいね

カシウス:もう撤退以外のことは考えないでいい、使えそうな魔法を考える

レイラ:やむを得ませんね

サラー:でも普通に撤退したら

アーク:乱戦に突入してる僕たちはもう1R攻撃に耐えないといけないね

レイラ:私たちの犠牲でみなさんが助かるなら…

カシウス:いや、まだ何か方法があるはず…!

アーク:・・・

ノイ:・・・

 

サラー:・・・鏑矢って使えるかしら?

カシウス:かぶらや?

サラー:音が鳴る矢よ。ほら、鎌倉時代とかに開戦を告げるために使ってたっていう

ノイ:それなら、わたしもサウンドボムっていうの使えるよ

レイラ:気を引いてみます?

サラー:もしGMが許可してくれるなら、だけど

GM:僕はこういうときには、ダイスに聞きますね。つまり…

GM:鏑矢は命中判定、サウンドボムは行使判定達成値とヘルハウンドの生命抵抗力で競います

GM:つまりチャンスは2度。これで2匹ともの生命抵抗力を突破できれば、乱戦エリアの解消を許可します

 

サラー:どうかしらみんな? 分の悪い賭けには変わりないけど…

レイラ:失敗したら全滅覚悟ですね

ノイ:いや、サラーには運命変転が残ってる。わたしは賛成

アーク:全員が生き残るか、全員が死ぬか…

カシウス:それしかない! 俺は乗るぞ

レイラ:失敗しても私がみなさんをお守りします。

アーク:違うよ! みんなで生き残るの! やろう!

 

GM:決まったようですね。では、実践していきましょう

 

サラー:「っ…ノイちゃん! 撤退するわよ! 打ち合わせ通りに!」

ノイ:「わかった!」

サラー:「みんな! 合図ですぐに引いて! カシウスくん退路確保!」

カシウス:「! ああわかった!」

アーク:「で、でも・・・!」

サラー:「アーク! 状況を見なさい!!」

 

ノイ:(サウンドボム…初めて使うけど…)

サウンドボムを行使
 行使判定 2d6+4 → (1,3)+4 → 8

ノイ:ああもうっ!!

 

サラー:アツいRPにはね! ダイスも応えてくれるものなのよ!!

鏑矢をつがえる
 命中判定 2d6+6 → (6,2)+6 → 14

 

GM:では、14と抵抗して、2匹のヘルハウンドで生命抵抗しますね

カシウス:仕方ない呪いで支援しよう(ぼそり

ヘルハウンド(赤火)
 生命抵抗 2d6+7 → (2,1)+7 → 10

ヘルハウンド(青火)
 生命抵抗 2d6+7 → (1,1)+7 → 自動失敗

 

ノイ:おー!

アーク:やった!!

レイラ:ダイス直前のカシウスさんのつぶやきが怖い!

カシウス:サチウスの呪いが本気を出せばこんなものだ

サラー:これはやったわね!!

 

GM:では、二つの音が響くと、2匹の番犬はそちらに気を取られ視線をそらします

GM:乱戦状態を解除します

サラー:「撤退! 急ぎなさい!」

レイラ:「はい!」

アーク:「・・・」無言で撤退するよ

ノイ:(よかった、うまくいった…)

 

GM:では、後衛2人の連携プレーによって見事に撤退の隙を作ったみなさん

GM:先ほどの部屋まで無事に撤退することができました

 

戦闘終了! 敗北!! 

 

アーク:「悔しいなぁ…」

レイラ:「はぁ、はぁ…アークさん傷は大丈夫ですか?」

サラー:「っふぅぅぅぅーーっ」追ってきてないか確認して扉を閉めてようやく息を吐くわ

ノイ:サラ助かったよ

カシウス:あの提案がなければ死んでた

アーク:やっぱり只者じゃない

 

サラー:「いやー…負けたわ、負けた!」笑顔で言うわ

ノイ:「見てくれからしてやばそうだったからね…あんな氷とか炎とか吐くのは初めて見たよ」

アーク:「でも出口はこの先しか…」

サラー:「そうね、アタシたち、あれを倒さなきゃここから出られないってことね」

GM:さて、これで罠の全容が理解できましたかね

ノイ:嫌という程にね

GM:みなさんの命の残り時間は、みなさんのカバンの中にある保存食の日数と等しくなります。第1シナリオで遠征には保存食が必要って勉強しましたよね?

アーク:よかったまだ4日分ある…

サラー:5日分あるわ

ノイ:9日分…

GM:ではそれが皆様のタイムリミットです。そして事前にお伝えした通り、この数日後に豪雨が予想されています

サラー:そうなれば救助が来るのも期待できないってわけね

GM:毎度お察しが良くて助かります。みんなで分け合って余生は6日くらいですかね!

GM:実にいい死に場所を用意してくれましたね! この施設を作った人は素晴らしい!

 

サラー:ふん、ご心配には及ばないわ。そんなに時間かけないから(負けず嫌い

アーク:そうだよ! 僕がなんとかしてみせる!

 

 

次回に続く

*1:ルールブック1-403

*2:ルールブック2ー324