読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TRPGをやりたい!

TRPGのトビラをひらこう!

ブログ初期シナリオ3作を振り返る+告知【クトゥルフ神話TRPGキャンペーンブックの執筆】

コラム日記 告知

当ブログ初期のシナリオを振り返ると、なかなかに濃いシナリオが揃っています。

 

「アンドロイドは名状しがたき夢を見るか?」「肝試しのあと」「糸に囚われて」の3作は、本格的なホラーを楽しむシナリオとして多くの方にプレイしていただいているようです。近頃初期3作をプレイしてくださった方のコメントや、プレイするつもりだというご連絡をいただくことがあり、また、自分自身も改めて初期3作を回してみたりする中で、ある考えを抱くに至りました。

 

これらのシナリオの魅力を、今のシナリオライティング技術とつなぎ合わせて、改めて皆さんに提供したい!

 

 

 

初期3作の魅力と現在の作品群との違い

この3つのシナリオをわざわざ「初期3作」と呼んで区別しているのには理由があります。それはこれらのシナリオを回すことのできるキーパーが少ないからです。

 

初期3作(厳密に言えば、非公開の「忘却の結末」を合わせると4作)の特徴は、シナリオ資料の膨大さ、内部で登場するアーカイブが実在の書籍、ゲームというよりも物語や演出に重きが置かれている…といった特徴があります。

最大の特徴は、キーパー負担が多いのです。オフセッションしかしていなかった当時の環境だからこそ書けていたシナリオで、オンラインセッションで利用されることを前提としていませんでした。自分のために書いたシナリオであり、他の誰かが回して楽しむにはいくらか親切心に欠けるシナリオなのではないかと反省したものです。

 

そういった反省の結果、3作目の「糸に囚われて」では情報量が多いに削られています。いよいよ公開シナリオとしてシナリオを執筆するようになったはじめの1作でもあり、広くプレイされた初めてのシナリオでもありました。以後しばらくシナリオ執筆は停滞しますが、2016年の5月からTRPGシナリオ館を開設してオンセで回しやすいショートフリーシナリオを提供するようになり、6月からは同人誌としてシナリオを販売し始めることになります*1

 

資料を読むのも大変だけれども、濃くて遊びがいのある初期シナリオ。

濃度を薄めてプレイしやすさを意識した最近のシナリオ。

 

この二つの性質をうまく織り交ぜたシナリオが、今なら書けるかもしれません。

 

 

キャンペーンブック企画

しかし情報量が多いのは事実です。いったいどうすればいいのか?

答えは簡単です。じっくりと進めるキャンペーンに変えてしまえばいいのです。

 

そこで、2つのキャンペーンブックを執筆しようと思います。

一つ目は「アンドロイドは名状しがたき夢を見るか?」を主題にしたキャンペーンブックです。これは本来一つのロングシナリオだった「アンドロイドは名状しがたき夢を見るか?」の内容とトリックを大きく書き換え、同一のNPCたちの間で繰り広げられる別の物語として焼きなおします。

すでにプレイしたことのある人も、まだプレイしたことのない方も、近未来日本を舞台にした本格SFホラーキャンペーンとしてお楽しみいただけるようなものを目指すつもりです。

 

そしてもう一つ。「肝試しのあと」を軸にした、ジャパニーズホラーキャンペーンを展開してみようと思います。こちらは単一の物語として一つの筋を通すというよりは、ジャパニーズホラーという1つのテーマに基づいたシナリオ集として展開してみようと思います。そうしたシナリオの一つとして「肝試しのあと」を少しだけ噛み砕いたシナリオを再掲載できればと思っています。

 

というわけで、現在「やさしい狂気のはじめ方」シリーズを共同発行させていただいている ねずプロ に編集と発行を依頼して、冬から春にかけて発行できればと思います。

 

 

今後のシナリオライティング

このところ軽薄なジョークシナリオが増えてきて、ずいぶんな雰囲気替えに驚いている古い読者もいらっしゃるかもしれませんが、これは一種の消費者対応でした。

「糸に囚われて」が多くプレイされたことをきっかけにして、設定の少ない遊びやすく短いシナリオを作らなければならないと考えを改めたのです。この大きな方針変更のあと、今日まで短く遊びやすいシナリオを10本程度公開してきました。

 

しかし今後は大きく二つの方針でシナリオライティング作業を展開していくことで、広いニーズに対応していくことにしました。

私自身書いていて楽しいのは濃いシナリオの方なので、これは書き続けようと思います。しかし単独のシナリオとして発行するのではなく、キャンペーンなど適切な形式を意識して発行します。そしてこれらのシナリオは調査や執筆に相応の労力を必要とするため、原則として電子媒体で販売を委託します。

一方遊びやすい短時間のオンセを志向したシナリオは、TRPGシナリオ館の方で次々に無料公開を進めていきます。主に時事ネタや凝ったシナリオのための下地となる小型シナリオ、技術向上のための挑戦的なシナリオなど、様々なシナリオを小刻みに提供するつもりです。無料ゆえ品質はどうしても不安定になってしまいますが、採用するキーパーの方で取捨選択・改変のうえご利用いただければと思います。

 

今後とも当ブログと私の書いたシナリオを宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

おまけ:これまでに公開したシナリオの一覧(2016.08.05)

旧シナリオ公開サイト「神々の黄昏」で公開されているシナリオ

クトゥルフ神話TRPG

  • アンドロイドは名状しがたき夢を見るか?
  • 肝試しのあと
  • 糸に囚われて

 

ソード・ワールド2.0

「アルドレアの開拓団」「フレーデ川のほとりで」「マクファラ遺跡の怪」「人攫いの黒い影」「冒険者の腕試し」「はぐれ山賊ザバン」「怯える村」「幻のゾウニを求めて」「生者の驕り」「閉ざされた町に咲く花」

 

現シナリオ公開サイト「TRPGシナリオ館」で公開されているシナリオ

クトゥルフ神話TRPG

 

電子同人誌「やさしい狂気のはじめ方」へのシナリオ提供

クトゥルフ神話TRPG

  • わたしは死体(Vol.1に収録)
  • トーキョーインフェルノ(Vol.1に収録)
  • 橙色燈火(Vol.2に収録)
  • ロック・ユー!(Vol.2に収録)
  • 死絡み(きつねさんと共著。Vol.2に収録)

 

以上合計23シナリオを公開中です(2016.08.06時点)。

*1:「やさしい狂気のはじめ方Vol.1」収録の「トーキョー・インフェルノ」には初期シナリオの面影が残っています。