TRPGをやりたい!

TRPGのトビラをひらこう!

【ソード・ワールド2.0リプレイ】少年は海を目指す【英雄志望と二つの剣 1-5】

<前回 |第1話

あらすじ

海辺で巨大蟹との戦闘に陥るも、女性陣の活躍で2Rのうちに巨大蟹を撃退。後方から迫っていた2匹のポイズントードの排除に取り掛かる。

 

 

【冒険者ターン終了 エネミーサイド】

ポイズントードは2匹とも前進します。

 1匹目対象選択→カシウス

カシウス:よし、俺もかっこいいところみせるぞー

 命中力=固定値10
 回避 2d6+7 → 5+7 → 12 win!

カシウス:「さっきは油断したからな、もう隙は見せないぞ」

 2匹目対象選択→アーク

アーク:僕もいいところみせるよ!

 命中力=固定値10
 回避 2d6+2 → 5+2 → 7 lose...

アーク:・・・

レイラ:ダメでしたね

アーク:「ラック*1」を消費します!

GM:ではダイス振り直しどうぞ

 回避 2d6+2 → 6+2 → 8

アーク:・・・

レイラ:ダメでしたね

アーク:ああもう! くるならこい!

 ダメージ 2d6-1 → 11-1 → 10点
 防護点1 10-1 → HP-9(残り9)

カシウス:ふぅ…無事か…

サラー:毒があるって言ったでしょ

 アークの生命抵抗判定
 2d6+4 → 7+4 → 11 win!

アーク:助かった

レイラ:瀕死じゃないですか! そんな格好してるからですよ!

 

【第3ラウンド 冒険者サイド】

アーク:多分倒せると思うけど…死にたくないから回復するよ!

 キュアウーンズを行使(MP-3)
 行使判定 2d6+5 → 3+5 → 8
 回復量 威力10+5 → 11

アーク:やっと大きな出目が出た…

ノイ:ル=ロウド様への信心が足りないんじゃない?

アーク:ちゃんとお祈りしたのに…

 

レイラ:先に行かせていただきます

レイラ:「私がっ!! 私がやらなきゃ!!」

 レイラの魔力撃!
 命中 2d6+5 → 9+5 → 14 win!
 回避=固定値9
 ダメージ 威力10+7(C10) → 3回転 → 26
 防護点2 26ー2 → HP-24(残り−4 気絶!)

カシウス:???!?!

ノイ:何が起こったの!?

GM:レイラの拳がカエルに突き立てられると、この体表面が陥没し、衝撃で巨体が空中に浮かび上がって、一撃のもとに倒れ伏します!

カシウス:「な、なんだいまの…!?」

レイラ:(全力で行かないと! 彼らに危険がっ!)

 レイラの追加魔力撃!
 命中 2d6+5 → 12+5 → critical!
 ダメージ 威力10+7(C10) → 10点!
 防護点2 10-2 → HP-8(残り−12 粉砕!)

サラー:二発目要ったの!?

レイラ:「はぁ、はぁ…」つ、つい力んでしまいました

ノイ:(あんなに緊張してたら空振ったとき危ないなぁ…)

カシウス:「・・・」茫然自失

 サラー:「カシウスくん! まだ残ってるわよ!」

 カシウス:「え、ああ、そうか」

 カシウスの攻撃!
 命中 2d6+3 → 12+3 → critical!
 ダメージ 威力5+3(C9) → 4点
 防護点2 4-2 → 2(残り18)

カシウス:お、俺も攻撃当てられるし…(震え声

ノイ:うん、当たった当たった

GM:カシウスの牽制を体を動かして軽傷におさえるカエル

 サラー:あたしたちで落としましょう

 ノイ:OK、まかせて

 ソリッドバレット装填(MP-1)
 命中 2d6+4 → 6+4 → 10 win!
 ダメージ 威力20+3(C10) → 7
 魔法ダメージ HP-7 (残り11)

ノイ:ダメージが伸びない…

サラー:削りきれるかしら…

 命中 2d6+5 → 7+5 → 12 win!
 ダメージ 威力22+6 → 12点
 防護点2 12-2 → HP-10(残り1)

アーク:サラーが強い…

サラー:あたしを甘く見てもらっては困るわ

 

【第3ラウンド エネミーサイド】

ポイズントードの攻撃!

 対象選択→カシウス
 命中 固定値=10
 回避2d6+7→9+7→16 win!

 

【第4ラウンド 冒険者サイド】

GM:さて、トドメはどなたが?

アーク:主人公がいくよ!

GM:よっ、パンイチ主人公!

レイラ:今度こそ当ててくださいよ!

カシウス:お前が決めないで誰が決めるんだ!

 アークの魔力撃!
 命中 2d6+4 → 7+4 → 11 win!
 ダメージ 威力10+9(C10) → 13
 防護点2 13-2 → HP-11(残り-10)

GM:では、パンイチの魔力を帯びた剣がポイズントードの皮膚を切り裂いて体液が飛び散り、ついに相手は力尽きます

レイラ:あーもう! 格好で台無しです!

 

【戦闘終了!】

 

アーク:「うへぇ…汚れちゃった…ちょっと洗ってくる」海にゴー!

レイラ:また変なの連れてこないでくださいよ…

ノイ:「はい、終わり終わり」さっさと日陰に行こう

 

GM:みなさーん、楽しい楽しい戦利品ダイス忘れてますよー

カシウス:活躍した人が振ろう(涙目

サラー:あら、じゃあ女組3人で振りましょうか

アーク:女3人…?

カシウス:おん…な…?

サラー:カエルさんもらうわねー

 2d6→7(ガマの油20G)

レイラ:同じく粉砕したカエルを

 2d6→7(ガマの油20G)

ノイ:じゃあカニがわたしの担当か、さぁ蟹味噌を献上するのだ…

 2d6→6(なし+自動獲得:鋭利な鋏50G)

アーク:蟹味噌はないの!?

レイラ:残念です…

アーク:焼いて食べよう!

ノイ:めぼしいものがなかったから焼いて食べよう!

レイラ:ノイまでそっち側の人間にならないでください…

 

GM:ノイちゃん、朗報です!

アーク:水着でも見つかったの?

GM:違います。カニの体から光り輝く小さなかけら*2が4つ出てきます!

アーク:4つ…

カシウス:こっわい…

サラー:じゃああれでギリギリ倒せたってところなのね。10くらいオーバーしたと思ったわ

 

フレデリック:「す、すごいな…本当にお前たちは強かったんだな!」

ノイ:「はいはい、お褒めに預かり光栄です」

サラー:「ほら、これで安全は確保できましたよ」

アーク:「カシウスー 怪我したの治してあげるよ!」

 キュアウーンズ HP+9

カシウス:「すまない、助かった」

レイラ:「ちょっと休憩にしませんか? ノイさんもアークさんも、魔力を随分消費してしまったことでしょうし」

アーク:「じゃあ海で遊んでていい?」

レイラ:「それじゃあ休憩の意味が…」

アーク:「ねぇねぇ! 一緒に海で泳ごうよ! さっきは動物に邪魔されちゃったもんね!」>フレデリック

フレデリック:「で、でも海にはあんな化け物がいるんだろう? わ、わたしはこの波打ち際で十分だ…」

アーク:潜ってあたりを確認してみて、何かいる?

GM:いませんね

アーク:「うん、今度は大丈夫! ほら、せっかく来たんだから、泳ごうよ!」

レイラ:「はぁ…私たちがお守りします、行きたければ、泳いで来られてはいかがですか?」

フレデリック:「…うん! よーし赤髪! いま行くぞ!」服脱いで海に駆け込むぞー

アーク:「赤髪じゃないよ! アークだよ! よろしく!」

フレデリック:「アークか、よし覚えたぞ! ぷはっ、なんだ本当にしょっぱいな!」

アーク:「ね! しょっぱいでしょ! 嘘じゃなかったでしょ!」

 

レイラ:「はぁ…無邪気なのはいいんですが…心配で心配で…」

サラー:「あんまり気にし過ぎてももたないわよ」

レイラ:「いえ、安全をお守りするのがわたしのいまの仕事ですから」

ノイ:「…レイラ、ちょっといい?」

 

 

次回につづく

*1:1-3で目覚めたときに行っていたお祈り。ダイスを1日に一度だけ振りなおすことができる。

*2:剣のかけら。冒険者たちの名声につながる貴重なアイテムで、都市を蛮族から守っているバリア発動機〈守りの剣〉の動力源。1つ入るたびに魔物のHPが5増える。