読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TRPGをやりたい!

TRPGのトビラをひらこう!

「ねずぷろ」の同人誌が発売されました!【兼300記事記念】

本日は二つのご報告です!

まずは本日、わたしも参加しておりますサークル「ねずぷろ」初となる、クトゥルフ神話TRPG同人シナリオ集が発売にこぎつけました!

タイトルは「やさしい狂気のはじめかた」ナンバリングタイトルで今回はVol.1になります。

 

さらにこの発表の日にもう一つのめでたいことがありまして、それは当ブログもついに300記事に到達いたしました! ブログ開始から16ヶ月。計算してみたところ、490日間が経過しているようです。2日に1記事以上のペースで更新できているようで、安心する次第です。

 

さて毎度恒例のキリ番記事ですが、今回は寄稿参加2つ目となる同人誌の出版に関連して、次の話題について雑談を展開しようと思います(キリ番記事で雑談てw)。

 

メニュー

1.「やさしい狂気のはじめかた」の魅力

2.現在進行中のプロジェクトまとめ

3.いったいなにを目指しているのか?

 

1.「やさしい狂気のはじめかた」の魅力

念願の同人シナリオ集の発売です。今回は一緒に活動している白ねずみさんの巻頭シナリオ「時計屋敷の秘密」に加えて、わたしのシナリオ「わたしは死体」と「トーキョーインフェルノ」を収録しています。

 

コンセプトは「物語を通した体験を楽しむ」です。

 

実際、それぞれのシナリオが、全く雰囲気の異なった物語的体験として仕上がっています。

「時計屋敷の秘密」はアメリカの田舎屋敷を舞台に、時間を操る不思議な力が生み出す人々の物語を描いています。味わい深い物語を提供してくれる、素敵なシナリオに仕上がっています。

「わたしは死体」は自室で巻き起こる狂気の只中で、探索者の心と向き合うパズルミステリーです。オンラインセッションを前提にしたコンパクトな作りの中に、ゾクリとするような演出を加えた遊びやすい一作です。

そして「トーキョーインフェルノ」はこれらとは全く雰囲気の異なるB級映画風ハイテンションアクションとして仕上がっています。ややクセは強いのですが、ド派手なシナリオを遊びたいプレイヤーにはもってこいのお祭りシナリオとなっています。

 

それぞれに魅力ある3作品に、それぞれの個性を反映した素敵な扉絵が付いております。こんなに魅力が共存して、それでもたったの500円。

初めての同人誌出版ということもあり、不慣れなところもあるとは思いますが、ご興味のかたは是非お手にとってみてください。

nezupuro.booth.pm

 

 

2.現在進行中のプロジェクトまとめ

同人誌へ向けたシナリオの寄稿に加えて、現在複数のプロジェクトを進行させています。

 

(1)ソード・ワールド2.0企画

本日発表された「英雄志望と二つの剣」もその一つです。

trpg.hatenablog.com

以前からプレイヤーとして一緒に活動していたうっかりさんにタイトルロゴを製作していただき、キャンペーン企画としてスタートしました。充実のデータ量と遊びやすいシナリオの公開、そして目玉のリプレイ公開とをパッケージにして展開していく予定です。

 

(2)ペアシナリオライティングで学ぶシナリオ製作シリーズ

こちらはすでに随分ご好評をいただいているシリーズです。

trpg.hatenablog.com

ねずぷろのメンバーでもあるきつねさんと二人で、シナリオの完成を目指して邁進するシリーズで、シナリオ制作の過程をたどることができます。

 

(3)TRPGシナリオ館の拡張

さらに、これまで台湾在住時に製作したサイト「神々の黄昏」で展開していたシナリオ公開を、「TRPGシナリオ館」に移行し、サイトの拡大を継続しています。

trpgscenario.hatenablog.com

すでにこのブログから発信されたシナリオとしては、「糸に囚われて」がご好評をいただいていますが、さらに「ナンとカレーなダンスを!」と「狂惑の輪廻」という二つのシナリオがTRPGシナリオ館でご好評をいただいているようです。

今後とも時間が空き次第シナリオを執筆し、100シナリオ以上の公開を目指して邁進していく所存です。

 

(4)掲載システムの拡張について

以前から強調しているように、このサイトでメインとして扱っているCoC・SW2.0以外のシステムにも展開を拡張していく予定です。

はじめにダブルクロスの紹介記事を整えていく段取りが進められています。6月末から7月にかけて、ダブルクロス関連の記事を展開していき、当ブログのメインシステムの一つに加える予定です。以降半年に一つのペースでくわえていき、「TRPGシナリオ館」でシナリオ公開も順次行っていけるように努力していく所存です。

 

(5)オンセ初心者導入のアシスト

このほか、TRPG部というSkype上のプレイングサークルの運営メンバーの一人として、初心者導入の仕事もさせていただいております。

以前は「ねずぷろ」の代表でもある白ねずみさんが代表を務めていたTRPG部ですが、現在白ねずみさん及びわたくしハカセ(Twitter:@hakase_trpg)を含む7人のスタッフGMで共同運営を行っております。Skype環境があって、PCを使ってセッション可能な環境があれば、気軽にTRPG関連の雑談をしながら、半身内という特殊な心地よい環境下でオンラインセッションに望めます。

オンラインセッションに興味があるという方は、お気軽に私のツイッターか運営メンバーであるエーレさん(Twitter:@EllenSvanholm)にご連絡いただければ幸いです。

 

 

(6)次号同人誌出版

本日発売された「やさしい狂気のはじめかた」ですが、その第2号の出版に向けた動きもすでに始まっています。ペアシナリオライティングで製作されているきつねさんのシナリオを掲載予定の他、私自身も再び1〜2の書き下ろしシナリオを掲載予定です。

また、技術の及ぶ範囲で私自身も編集作業などのノウハウを学びながら、同人誌出版のノウハウについてもこのブログでフォローしていければと思っております。

 

 

3.一体何を目指しているのか?

と言った具合で、私の活動の幅はぐんぐん拡大を続けております。

ブログも300記事に到達して、日に1500、月に4万5千アクセスほどをいただくようになりました(200記事到達の頃の3倍です!)。これからの企画を通じて、もっとたくさんのアクセスを望むことができると信じております。

 

様々なシステムを紹介し、全力で楽しみ、初心者が遊びやすいシナリオを提供し続けることで、TRPGという遊びの敷居を全力で下げていくのがこのブログと私の目標です。

 

まだまだ初心者に毛が生えた程度のTRPG歴しか持たない私ですが、とにかく多筆というこの性分を全力でそそぎ込み、TRPGのますますの普及と促進に一役買ってみせます。そしてそれと同時に、いち創作者としてのスキルアップも続けていこうと思っております。今後もみなさんに広く楽しんでいただけるリプレイやシナリオを、可能な限りたくさん提供していきます。

 

それでは、あらためまして、今後とも当ブログ「TRPGをやりたい!」と私ハカセ、そして発売されました同人誌「やさしい狂気のはじめかた」をどうぞよろしくお願い申し上げます。