読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TRPGをやりたい!

TRPGのトビラをひらこう!

【サプリメント紹介】キーパーコンパニオン【クトゥルフ神話TRPG】

クトゥルフ神話TRPG キーパーコンパニオン 改訂新版 (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

『クトゥルフ神話TRPGキーパーコンパニオン改訂新版』は、ルールブックに記載されていない魔導書と呪文・クリーチャーを追加する基礎的なサプリメントです。

このサプリメントを購入することで、以下の要素が新たに追加されます。

①新たな魔導書の追加
②異界の種族についての詳細な解説
③アーティファクト・呪文・クリーチャーの追加
④キーパー補助ツールを同梱

それではサプリメントの詳細を見ていきましょう。

 

 

1.新たな魔導書の追加

ゲームキーパーがシナリオを書くとき、どうしても必要になるのが魔道書の情報です。人間が邪神たちと関わっている以上、その接触の呪文をなんらかの形で学んでいる必要があります。落とし子などが自然と習得していればそのようなことを考える必要はないのですが、一般的には魔道書を読んだ狂信者の存在が必要不可欠になります。

そうした設定を考える中で、魔道書のバリエーションは極めて重要です。プレイを重ねていくにつれ、参加しているプレイヤーたちも魔道書やクリーチャーに詳しくなってしまいます。するとルールブックに記載されている情報だけでは、恐怖や謎を演出することができなくなってしまうのです。

 

そうしたときに助けになるのが、このキーパーコンパニオンに記載された新魔道書の数々です。本書には31冊の魔道書とその翻訳版や解説書についての情報が記載されており、シナリオの柔軟性を高めてくれます

また魔道書解説の冒頭には、魔道書の保存状態などについてのガイドラインが添えられています。このガイドに従って、一部ページだけ残されていたり保存状態が悪く一部しか読めなかったり様々な状態の魔道書を登場させれば、プレイヤーたちの情報不足を演出し、謎を残したままプレイさせることも可能になるでしょう。

 

 

2.異界の種族についての詳細な解説

さらに本書には、様々な異界の種族について解説が書かれています。

クトゥルフ神話には実在しない多様な種族が登場しますが、その生態は謎に包まれています。ラヴクラフトによる原作を読んでいないプレイヤーやゲームマスターにとって、そうした種族を扱うのは非常に難しいことです。そうした方のために、本書には蛇人間やミ=ゴ、ヴーアミ族などクトゥルフ神話オリジナルの種族について、数ページにまたがる解説が用意されています。

これさえ読んでおけば、これら異界の種族に関する最低限の知識を得ることができます。これによりシナリオライティングやキーパリングに伴う知識不足が緩和され、一層クトゥルフ神話の世界観に従ったゲームシナリオの構築が可能になります。

 

 

3.アーティファクト・呪文・クリーチャーの追加

本書に収録されているのはそれだけではありません。ルールブックに記載されていなかった、呪文とクリーチャー、さらにはアーティファクトに関する情報が揃えられています

このうち特に豊富に収録されているのはアーティファクトです。原作であるラヴクラフトによる小説に登場した様々なアーティファクトが、ゲーム内での効果とともに解説されています。こうしたアーティファクトの多くは現在の所在がわかっておらず、シナリオの中でなんらかの形で登場させることが可能です。過去の来歴を持ったアーティファクトたちはシナリオに深みを与えてくれるほか、原作ファンのプレイヤーを大いに喜ばせることでしょう

また少数ですが呪文とクリーチャーが追加されています。種々の神格やクリーチャーの招来・接触の呪文が追加され、これまで接触できなかった神格の招来の条件が明らかになっています。さらに「ナガアエ」と「地底を掘るもの」という二種類のクリーチャーが追加収録されており、セッションでこれらのクリーチャーと対面することが可能になりました。

 

以上の各追加要素は全般にシナリオライティングの補助の役割を果たしてくれます。シナリオの多様性を確保したいゲームキーパーにとって、これらの追加要素は強力な補助になることでしょう

 

 

4.キーパー補助ツールを同梱

最後に、本書に同梱されているキーパー補助ツール「キーパースクリーン」を紹介しておきましょう。飲食店のメニューのように3面に展開できる横長の硬い厚紙に、エルダーサインが印字されたものが同梱されています。これを展開すると、その内側にキーパリングに際してしばしば参照する必要のある情報と、その参照ページが記載されています。

同時にこのキーパースクリーンは、テーブルの上に立てて他のプレイヤーとの間のついたてとして利用することができます。シナリオ資料を置いたりシークレットダイスを振るためのスペースを確保したりしつつ、キーパリングのための情報を確認できるという優れものです。

実際のテーブルを囲んでプレイする場合、このような道具があると便利です。自分でついたてを作りシークレットダイスを振ることができるなら別ですが、そうでないなら是非ともこのキーパースクリーンを手に入れておきましょう。ルールブックをペラペラとめくる手間を省くという点だけとっても、セッションのリズムを崩さない、楽しいキーパリングの実現に貢献してくれるはずです。

 

 

キーパーコンパニオンの購入によって得られる要素は以上の4点です。基本的には表題の通りキーパーを担当する人、とくにシナリオを自ら用意するキーパーにとって、非常に力強い補助の役割を果たしてくれる一冊と言えます。

 

 

クトゥルフ神話TRPG キーパーコンパニオン 改訂新版 (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

クトゥルフ神話TRPG キーパーコンパニオン 改訂新版 (ログインテーブルトークRPGシリーズ)