TRPGをやりたい!

TRPGのトビラをひらこう!

NPCやPCの名前を決めるのに役立つサイト

プレイヤーならば、自分のキャラクターの名前をたった一つ考えれば済むことです。

それでも苦労した経験、ありませんか?

 

GMとしてシナリオを設計すると、登場するNPC全員の名前を、しかも由来や民族などまで考慮して決定する必要が生じます。

英語名やドイツ名、かろうじてフランス名やスペイン名まではなんとかなるかもしれません。

 

もしもアフリカ名が必要になったらどうしましょうか?

北欧系の名前が必要になったら?ロシア系が必要になったら?アラビアやインドの名前はどうでしょう?ましてや先住民族の登場人物の名前なんて、どうやって決められると言うのでしょう!

 

今日は、そんな時に便利なウェブサイトを紹介します。

 

  

1.Behind the Name Behind the Name

Behind the Name: Meaning of Names, Baby Name Meanings

一つ目に紹介するのが、こちら。Behind the Nameです。 最大の特徴は、インディアン系の名前が、その由来まで含めて登録されていることです。 クトゥルフ神話TRPGで、戦前のアメリカを舞台としたシナリオを設計する際、インディアンの伝承を語り継ぐ人物の名前を用意することができるようになります。このカバー範囲から明らかなのですが、アラビア系やアフリカ系も網羅しています。 全ての説明が英語なので、やや使い勝手が悪いと感じる人もいるかもしれませんが、非常に潤沢な名前データベースになっていますので、GMにとっては大助かりです。

 

 

 

2.Liber ob Sciscitatora: Ancient Names

こちらのサイトは、TRPG『ルーンクエスト』で用いられる架空世界、グローランサの設定資料を大量にアップロードしています。その中に、古代言語による名前一覧として、各言語による名前が紹介されています。

日本語なので使いやすく、ついでに『ルーンクエスト』の世界観も楽しむことができます。名前の由来などがわからないので、音の感覚で選ぶ他ありませんが、収録数はかなりのものなので、きっと気にいる名前に出会えることでしょう。

 

 

3.欧羅巴人名録 欧羅巴人名録

続いて『欧羅巴人名録(ヨーロッパ人名録)』。

こちらのサイトでは、タイトル通り、欧州系の名前に特化して、名前を紹介しています。

こちらも名前の由来などが掲載されていないのですが、地域特化の分、収録数には目を見張るものがあります。あらかたの名前を使い切ってしまったと思ったら、利用してみるとどうでしょうか?

 

以後、見つけ次第順次追加していきます。