TRPGをやりたい!

TRPGのトビラをひらこう!

【クトゥルフ神話TRPGリプレイ】糸に囚われて【part.2】

【前回のあらすじ】

ペンションに到着した松山は、オーナーの稲葉敏朗、宿泊客の金田と挨拶を交わす。

いつもと変わらぬ様子の敏朗に対し、なんらかの隠し事を持っていそうな宿泊客の金田。金田の本当の職業が気になっていたような気がしたが、全然そんなことはなく、松山は、稲葉りり・大志姉弟と話すため、登校時間に合わせて海へ向かうバスに乗る。

 

 

 

稲葉姉弟との楽しい時間

KP「では、7時半くらいにバス停に出て行くあたりから、次のシーンを始めましょうか。」

松山「今作のヒロイン、稲葉りりちゃんがいよいよ登場!」

KP「そうですね。りりちゃんは、結構しっかりした元気な女の子ですから、たぶん松山さんのリアル会話技能だと…まぁ言わずにおきましょう。」

松山「なんですか?すぐに落とせちゃうからつまらないんですか?」

KP「…では、あなたがバス停に向かったところで、見知った顔が二つ見えますよ。」

りり「あ、松山さんだ。おはようございます。」

松山「りりちゃんおはよう!大志も、おはよう。」

りり「ほら、大志もちゃんと挨拶しなさい。」

大志「おざっす。」

りり「今日からご宿泊ですか?」

松山「そうだよ。二人にもお土産を買ってきたから、帰ってきたら渡すよ。」

りり「いつもありがとうございます。」

KP「大志くんは目を輝かせていますけど、すぐにハッとして小さくお辞儀をしますよ。」

りり「それで、松山さんは、また海で女の子に声かけに行くんですか?」

松山「ん!?べ、べつに、そんなんじゃないよ!」

りり「今日こそは誰かつかまるといいですねー(ニヤニヤ」

松山「いや、だから、ただ海に泳ぎに行くだけなんだって!」

りり「さあて、どうなんでしょうねぇ。あ、バス、来ましたよ。」

 

松山「ちょっとキーパー!なんでりりちゃんナンパのこと知ってるんですか?」

KP「いや、何度も来てて、その都度やってたら、さすがに気づくでしょ。彼女だって海に遊びに行ってたかもしれませんし。」

松山「これは圧倒的劣勢…。」

 

松山「大志、最近、釣りの方はどう?いいの釣れてる?」

大志「うん…釣れてる。」

松山「最近どんなのが釣れてるの?」

KP「え?わたし、釣り嫌いですから、わかりませんよ。海釣りって、どういうのが釣れるんですか?アロワナとかですか?」

松山「それ淡水魚ですから!」

KP「んー、じゃあ、クマノミとかでいいんじゃないですか?」

松山「熱帯魚は釣れません!イワシとか、サヨリとか、その辺じゃないですか?」

KP「よし、じゃあその辺のが釣れるって言ってくれますよ。」

松山「珍しくシナリオ設計の詰めが甘いですね。」

KP「いや、大志くんちょい役の予定でしたし、このシナリオは舞台を定めてませんでしたからね。申し訳ない。」

 

りり「この間おっきいの釣ってきてくれたんですよー。」

KP「なんて、りりちゃんが大志くんを持ち上げてくれますね。大志くんはおだてられて調子に乗りそうな気持ちを抑えて、クールぶってます。」

松山「大志にシンパシーを感じる…だと…!?」

KP「おい。」

 

KP「まぁ、そんなところで、先にあなたの降りるバス停ですね。朝の海辺に到着です。」

 

 

松山流ナンパ術?

松山「よし、ナンパしますよ。」

KP「え?んー、これって、判定いります?」

松山「自動成功でしょ?」

KP「は?…では、APP×5でダイスロールをお願いします。」

松山「結局世の中顔かよッ!でもね、僕の手にかかれば、このくらい!」

APP×5ロール → 失敗 ファンブル

松山「どうですか!この安定の実力!」

KP「だっはっは!では、ロールプレイしてみましょうか。」

松山「失敗とわかっていてやるんですか!?」

KP「ええと、めぼしい女の子が目に入りますよ。声かけますか?」

松山「ねえ君、いま暇?」

KP「女性は、あなたの方をいい顔をしてちらりと見やりますが、あなたの顔が視界に入った瞬間に、表情を変え、舌打ちして足早に歩き始めます。」

松山「いま一人なの?僕も一人で来たんだよね。朝の海っていいよねー。まぁ、ほら、ちょっと、そこまでお話ししようよ。」

女性「うざい。」

松山「え?」

女性「気持ち悪いから近寄らないで。」

松山「はぁ?」

KP「と、言い残して女性は去っていきますよ。」

松山「ちっくっしょう!所詮顔かよ!顔で全てが決まるのかよぅ!」

 

松山「いや、いまのは相手が悪かったんです。次行きます。」

KP「え?続けるんですか?基本的に判定は一回だけですから、いくらやってもあとは失敗ですよ?」
松山「でも、判定を変えればいいんですよ。ええと、女子大生風の頭のユルそうな二人組を探して、〈目星〉を使います!」

KP「なんて無駄な技能行使!」

〈目星〉ロール → 失敗

松山「救いはないのか!」

KP「では、合宿の朝練に励むボート部の筋肉質な学生たちの掛け声が気になってしかたがなくなり、あなたはめぼしい女性を発見することができません。」

松山「ちくしょう…ちくしょう…ダメだ…こんなんじゃダメなんだ…。もう一回だけ…もう一回だけ〈目星〉を…。」

KP「しょうがないにゃぁ。」

〈目星〉ロール → 失敗

松山「…。」

KP「…。」

KP「では、あなたは一人の女性を発見しますね。なかなかいいスタイルをした後ろ姿につられて、あなたは声をかけるでしょうね。」

松山「こんにちはー、いま暇ですか?」

女性「あら、暇ですよ?どうかされました?」

KP「と、あなたが顔を覗き込んでみると、若作りした四十路の女性ですね。しかも、はっきりと若作りしたとわかる感じの。」

松山「うわー、これ、台湾あるあるのやつじゃないですか…。」

松山「いえ、あの、海の家ってどっちにあるんでしたっけ?」

女性「ああ、あちらですよ。なんなら、案内しましょうか?」

松山「いえ、結構です。自分で行けますから。」

女性「そんな遠慮しなくてもいいですよ。」

松山「いえ、ただ道を聞こうとしただけですから。」

女性「私もそちらに用がありますk」

松山「いいえ、お先に失礼します。」

 

松山「……もう一回だけ…もう一回だけチャンスを…。」

KP「よかろう。やってみたまえ。」

〈目星〉ロール → 成功

松山「やったぜ!」

KP「では、ちょうどあなたが言っていたような、女子大生風の女性二人組を発見しますよ。」

松山「ねえ君達、二人で海に来たの?」

女性1「はい、そうですよー。」

女性2「…。」

KP「では、APP×5ロールを…」

松山「いや、ここは有名人パワーを使いましょう。どっちかが私のことを知ってませんかね?」

KP「こすいなぁ。」

〈知識〉ロール → 片方成功

KP「応答しなかったほうが知ってたみたいですね。」

女性2「あれ?ひょっとして、松山さんですか?」

松山「あれ?そうだよー、なんで知ってるの?」

女性1「松山?誰?知り合い?」

女性2「ほら、最近テレビによく出てる人だよ。」

女性1「えーっ、それって、芸能人ってことですか!?(目キラキラ」

松山「いや、そんな、僕なんて、偶然出してもらってるだけだからさ(キリッ」

女性2「でも松山さんがこんなところで何してるんですか?」

女性1「もしかして、もしかして、撮影とかなんですか!?」

松山「いや、今日はオフなんだよ、本当はさ、戸棚エリカちゃんとかと一緒に来る予定だったんだけど、スケジュール合わなくって。」

KP「芸能人と親しいことを押していくスタイル。」

松山「それしか武器がねぇんだよぉ(泣」

女性1「きゃーすごーい。芸能人に会えるなんて、よかったね、ミキ!」

ミキ「はしゃぎすぎ。すみませんね、松山さん、ミーハーな子で。」

松山「うおぉぉぉっ、なんだこれは!女の子と話せている!なんだこれは!」

KP「おい、全部わしの演技やぞ。」

松山「だまれぇい!いま僕は女の子と話してるんだ!そうだ、いまもう昼くらいですよね?」

KP「そうですけど?」

松山「君達、もうご飯食べた?」

女性1「まだですよー。一緒にご飯行きましょうよ!戸棚エリカちゃんのこと教えてください!」

ミキ「いいんですか?」

松山「じゃあ一緒にご飯食べようか。」

 

松山「よし!やったぞ!僕はやり遂げたぞ!」

KP「…まだ入り口にもたどり着いてへんやろ。」

松山「…?」

KP「いや、なんでもありません。それで、一緒に食事するんですよね?」

松山「もちろん僕のおごりでね!海辺の食事処くらいあるでしょ。」

KP「ええ、ありますよ。それで、撮影時の様子などを話して興味を引いて、食事を終えますね。さて、どうしますか?」

松山「そりゃあ、もちろん…もちろん…。」

KP「どうしました?」

松山「ここから先のビジョンが、何一つ浮かばない!」

KP「ぶっ!」

松山「どうしよう!まさか自分でもこうなるとは思わなかった!ナンパして、一緒にご飯食べたら、どうしたらいいんですか?人気のない岩場にでも連れて行けばいいんですか!?ホテル行こうよとか言えばいいんですか!?」

KP「んなわけあるかい!」

松山「ダメだ!何一つアイディアが浮かばない!どうすればいいんだ!何をするんだ!ナンパって一体なんなんだ!」

KP「……ダメだこいつ。」

 

 

Part.3へつづく 

trpg.hatenablog.com