TRPGをやりたい!

TRPGのトビラをひらこう!

【クトゥルフ神話TRPGリプレイ】忘却の結末【part.09】

【前回のあらすじ】

夢の世界には、おぞましい姿へと変貌した鬼子の成れの果てが、確かに存在した。鬼子を山におさめれば、鬼子は変貌してあのような姿になるのだろうか…。

謎が深まる中、ハルカと連れ立って、伏原は十二神社に参拝する。そこはほとんど忘れ去られてしまったような、寂しげな神社だった。お参りを済ませた伏原が図書館へ赴き、発見した本には、古代から中世に移り変わる日本で起こっていた、鬼信仰と仏教思想との交代劇が指摘されていた。

伏原が信じてきた歴史は、現実は、世界は、本当の姿をしていたのだろうか?深まる謎に立ち向かうべく、伏原は次の行動を開始する。

 

 

 

歴史の中の鬼子

伏原「つまり、時代は三つに分けられることになります。」

KP「ほう。整理してみてくださいな。」

伏原「まず、縄文から弥生に至って、鹿神が信仰され始めた時代です。この状態で、東国を征伐するために、トヨピーこと豊城入彦命が派遣されています。」

KP「うん。」

伏原「これで、髪の毛一派こと上毛野氏が東国を治めます。この統治期が二つ目の時代です。」

KP「うんうん。」

伏原「そして、この上毛野家が仏教陣営に再び攻撃を受けることになります。それが平安時代の中頃か末あたり。以降、鎌倉時代ではむしろ東国こそ日本の中心になります。」

KP「そしてその頃に…?」

伏原「唐突に『鬼子』の伝承が登場している。そして、目の前にはハルカと、沙紀ちゃんという鬼子が現に存在している。」

KP「これらのことが意味するのは…?」

伏原「…わかれば苦労しませんよ。でも、はっきりしたのは、トヨピーを祀った赤城神社や八宮神社が、完全に鬼陣営と敵対しているわけでもない、ということですね。」

KP「なるほど。」

伏原「たぶん、一度戦ってはいるんですけど、その後なあなあでうまい関係を作り上げているはずです。一応、上毛野家について、本を調べてみますよ。」

〈図書館〉ロール → 成功

KP「では、次の情報が手に入りますね。」

上毛野氏と物部氏

上毛野氏は、東国を征伐した豊城入彦命を氏神とする一族。ただし、一枚岩の士族というわけでもない。有力な上毛野氏のうち、西部のものは、明らかに大和政権の物部氏との関係を持っている。

KP「もちろん、鬼とどんな関係を持っていたか、なんて情報は、歴史書には残されていませんから。」

伏原「物部氏…さっき仏教陣営として言及されましたね。まさかそこもシナリオに関係してくるのか…?」

KP「さあ、どうなんでしょうね。」

伏原「とりあえず、鹿神信仰について、昨日の本を調べてみましょう。」

KP「では、次のことがわかります。」

神使としての神鹿

鹿は、藤原氏の氏神である、建甕槌命(タケミカヅチノミコト)が騎乗して現れたことから、神の使いとして崇拝されている。現在でも、春日大社や鹿島神宮、厳島神社などにその信仰が残されており、境内で鹿が飼われていることがある。

伏原「…嘘だろ?」

KP「どうしました?」

伏原「いや、物部が関係しているかと思ったら、藤原も関係してそうということに、驚きを隠せない。」

KP「情報量半端ないって言ってあったでしょう?シナリオ開始前には嘘はつかないのが私です。」

伏原「うーん…今日はこの辺で帰りましょうかね。時間も結構経ったことでしょうし、ハルカちゃんも退屈するでしょうから。」

KP「そうですね。では、17時前ということにしましょうか。」

伏原「はあ…先が長いな。」

KP「だから沙紀ちゃんを拉致すれば…」

伏原「それはやりませんよ。」

 

 

美味しいものが食べたい!

KP「ハルカちゃんがお腹減って仕方がないようなので、何か食べさせてあげてください。」

伏原「ハルカちゃん、何食べたい?人の肉とか?」

KP「おい(笑)」

ハルカ「うーん…美味しいもの!」

伏原「それ、一番困るやつや…。」

ハルカ「何かないのー?」

伏原「…よし、ラーメンを食べよう。」

ハルカ「いーよ!ラーメン食べるー!」

伏原「はぁ。それにしても、わかんないなぁ。ハルカって、何のために大間々に来たの?」

ハルカ「ラーメン食べるためー!」

伏原「この子、この調子なんだもんなぁ(苦笑)」

伏原「前の人たちは、どれくらいでお別れしたの?」

ハルカ「『前の人』はねぇ、あんまり相手してくれなかったから、一週間とちょっとで、お母さんが怒っちゃった。」

伏原「神様に持ってかれたのか…私の余命もあと13日…。『前の前の人』は?」

ハルカ「滝原さんはね…えっと、4日?」

伏原「早いな。」

ハルカ「滝原さんはすごく頭がよかったよ。でも、あんまり美味しいもの食べられなかった。お詫びに袴もらったんだけど。」

伏原「あー、あの袴ね。変態だな。」

KP「〈アイディア〉ロール振ってもらえます?」

〈アイディア〉ロール → 成功

KP「あなた、今日、滝原って名前、目にしてますね。」

伏原「え?…(メモを見返す)…あ!いた!滝原馨!あの専門書の著者!そりゃ頭もいいし、4日で終わらせられるはずだわ…。」

 

KP「だいぶ疲れてきてますね。」

伏原「問題の根が深すぎるんですよ。」

KP「だったら、諦めればいいんです。子供をさらいましょう。」

伏原「だってリプレイにされるから!かっこよくプレイしたいんですよ。」

KP「それも立派なプレイですよ(苦笑)」

 

 

滝原と接触を試みる

伏原「本の著者になってるってことは、所属とかわかりますよね?」

KP「はい。名前と本のタイトルで検索すれば、彼が明治大学の教授だということがわかります。」

伏原「うわー、本物の頭いい人だった。連絡先は?」

KP「はい、研究室のメールアドレスが公開されていますね。メールしますか?」

伏原「もちろん。こんな込み入った情報、素人が立ち向かえるレベルじゃない。」

 

From:伏原竜覇

To:滝原馨

 

滝原馨先生

 

急なメール失礼いたします。

私、普段は俳優をやっている、伏原というものです。

現在、休暇を過ごそうと大間々を訪れているのですが、そこでどうやら、あなたと同じ問題に巻き込まれてしまったようなのです。

もしよろしければ、この問題の解決のために、ご協力をいただけないでしょうか?

どうかよろしくお願い申し上げます。

 

伏原竜覇

 

伏原「こんなものでしょう。」

KP「あえて核心は書かないんですね。」

伏原「逆にこの方が、問題の性質を知っている人っぽいでしょう。」

KP「では、ラーメンを食べて、そのメールを送って、ホテルに帰りましょうか。」

伏原「あ、今日は早めに眠ります。」

KP「では、これまでに得た情報の整理のためにしばらく頭を抱えて、9時過ぎには寝たことにしましょうか。」

 

 

3度、夢の中

KP「さて、目が覚めようとします。またしても世界は赤く、風も吹かない奇妙な世界。しかし、あなたは目が醒める直前に、直感的に理解します。街中に目覚めることも、夢の中の十二神社で目覚めることもできそうだ、と。」

伏原「お!そんな機能が!なら、十二神社で目覚めましょう。」

KP「では、あなたが目覚めると、現実のものよりは、ほんの少しだけ綺麗に掃除された、石造りの祠が目に入りますね。」

伏原「夢の中では石なのか。」

KP「そこで、ハルカが饅頭を拾い上げてパクリと食べながら、あなたの方を振り向きます。」

伏原「お、本当にお供え物は届くんだ。」

ハルカ「そうだよ。でも、突然なくなったらみんな驚くでしょ?だから無くなりはしないの。こっちでは、お供え物の気持ちだけ、食べられるんだよ。」

伏原「それは美味しいものなの?」

ハルカ「うーん…美味しいのも、不味いのもあるよ。今日のこれは…実際のお饅頭ほどは美味しくなかったかなぁ。」

伏原「棒は?」

ハルカ「これ?でも、気持ちしか触れないからね。それに、これは私のものなのです。」

KP「ハルカちゃんが手にとって、適当にブンブン振り回しますよ。」

伏原「あー、なるほど、そういうことか。困ったな。いらないんじゃなかったの?」

ハルカ「やっぱりいるー。あとで貸してあげるね!」

伏原「あー、やられたなぁ。愛用の乳切棒(脳漿付き)が…。」*1

KP「その追加効果みたいな言い方やめて(笑)」

伏原「この棒こそ、私の頭脳(物理)ですから。」

KP「他人の脳でしょうが。それはいいとして、ハルカちゃんが思い出したように祠の中を手で探って、一枚の紙を差し出しますね。何か書いてあります。」

 

鬼子を納めなければ、自らが犠牲になる。注意されたし。

 

伏原「もう大体覚悟してましたよ、こんな情報。」

ハルカ「それ、滝原さんが、次の人から見せてあげなさいって。」

伏原「ほう、滝原さん、ただの変態じゃなさそうですね。」

 

 

Part.10へつづく

trpg.hatenablog.com

 

*1:リプレイ「アンドロイドは名状しがたき夢を見るか?」を参照