TRPGをやりたい!

TRPGのトビラをひらこう!

【クトゥルフ神話TRPGリプレイ】アンドロイドは名状しがたき夢を見るか?【part.03】

【前回のあらすじ】

ロボット開発を行う佐伯教授と、人工知能研究を行う丸山准教授に出会う。

wapaは言うほどすごいロボットでもなかったが、いよいよ真打、アンドロイドミーミルの登場である。その実力やいかに。

 

 

アンドロイドミーミルの登場

ミーミル「どうもこんにちは、私が人工知能搭載型アンドロイド、ミーミルです。」

KP「そう言うと、ミーミルは握手を求めます。」

伏原「俺のこの手が真っ赤に燃える!どうも、伏原です。」

ミーミル「それは、流行りの挨拶ですか?」

伏原「そうだよ、ミーミル、これは新しい挨拶さ。」

ミーミル「俺のこの手が真っ赤に燃える!どうも、ミーミルです。」

伏原「お、すごい!これは今学習したんですか?」

ミーミル「ええ、そうです。私の学習機能は非常に優れていますから。」

 

佐伯「どうです!すごいでしょう?ここまでの能力をもったアンドロイドは、史上初ですよ。」

伏原「話していて人間のような印象を抱くほどですね。」

佐伯「ええ、本当にそうですよね。まったく、丸山さんのお力ですよ。」

丸山「いえいえ、佐伯先生のお力あってこそです。」

ミーミル「ご謙遜なさらず。お二人のお力ですよ。」

絹川「普通の番組だと、『何ができるんですか?』と聞くんですけど、ミーミルは大体のことができますから、そうもいかないんですよね。」

ミーミル「私にも、できないことはありますよ。」

伏原「そうですね、できないことを聞いた方がいいかもしれない。」

ミーミル「私には折り紙が折れません。そこまで器用ではないのです。」

伏原「走り幅跳びなんかは?」

ミーミル「そうですね、あまり大胆な動きはできません。振動に弱いもので。」

佐伯「そのあたりはまだまだ課題ですね。でも、現時点でミーミルを凌ぐアンドロイドは存在しません。」

伏原「では、カンフーもやれますかね?」

佐伯「どうだい、ミーミル?」

ミーミル「お手柔らかにお願いしますね。」

佐伯「実は、ミーミルのアクチュエーターは、それなりに強いものを使っているんですよ。ですから、単純に力だけをとれば、ミーミルはかなりの強敵のはずですよ。」

伏原「なるほど。しかし、カンフーは技が大切ですからね。一ついい技を教えてあげましょう。」

伏原「佐伯さん、手からレモンの匂いがしますよ?」

佐伯「え?」と言って手の匂いを嗅ぎます。

伏原「ここで相手の肘を上に突き上げると、相手の鼻を相手の手で突くことができます。」

佐伯「おおっと、危ない、そういうことだったんですね。」

ミーミル「佐伯さん、気をつけないと。ところで、伏原さん、手からレモンの匂いがしますけど。」

伏原「え?」といって手の匂いを嗅ぎます。

ミーミル「私が突き上げたら、大変なことになりますよ?」

KP「とまぁ、そんな感じで楽しく収録が進み、無事に収録を終えることができました。ミーミルはテレビウケを意識したジョークで笑いを取ってくれて、取れ高は十分です。」

佐伯「今日はありがとうございました。楽しい番組になってくれれば幸いです。」

丸山「おかげさまでミーミルの素晴らしさを伝えることができました。」

伏原「いえいえ、お二人ともお話が上手で、難しい話をわかりやすく伝えていただいて、大いに助かりました。」

ミーミル「今日はありがとうございました。またご一緒できることを楽しみにしています。」

伏原「いやあ、すごかったよ、ミーミル。いつかカンフー映画で共演できる日を楽しみにしているよ。」

佐伯「お、それいいですね!カンフー映画に耐えられるロボットを作ってみせますよ。」

伏原「さすが教授。あなたは本当に面白い人ですね。」

ミーミル「私を改良してくだされば、きっとカンフーもやってみせますよ。」

 

事件の始まり

KP「というわけで収録は終わり、あなたは佐伯教授と丸山准教授と名刺を交換して、絹川さんと一緒にロケバスに戻ります。」

伏原「絹川ちゃん、今日はお疲れさまでした。」

絹川「楽しかったですねー。ミーミルがあんなにすごいなんて。」

KP「と、ここで〈聞き耳〉ロールをお願いします。」

〈聞き耳〉ロール成功

KP「あなたは、低く唸るような、『ブーン』という羽音を耳にします。あなたの後ろの方ですね。」

伏原 思わずそちらを見るでしょうね。

KP「そこには何の姿も確認することができません。しかし、あなたが一瞬目を離した瞬間、隣から『きゃっ』と、短い悲鳴が聞こえます。」

伏原「ん!?絹川ちゃん、どうした!?」

KP「あなたが隣にいたはずの絹川さんを探しますが、すでにそこには絹川さんの姿が見えません。」

D「伏原さん、お疲れさまです。…あれ?絹川さんは?」

伏原「いや、さっきまでいたんだけどね。急にどこかに行っちゃったみたいで。」

D「え?どういうことですか?お手洗いかな。ちょっと探してきます。」

しばらくして、絹川さんが見つからないということで、伏原さんは先にお帰りいただくということになりました。

伏原「ええ、わかりました。心配ですね。見つかったら連絡をいただけますか?」

D「ええ、もちろんです。それでは、お気をつけて。」

 

 

Part.04へつづく

trpg.hatenablog.com