TRPGをやりたい!

TRPGのトビラをひらこう!

フェンサーの構築【SWキャラクター構築論(3)】

1.フェンサー総論

フェンサーの魅力はなんといってもクリティカル値の低さにあります。大半のソード装備をC値9で運用するフェンサーは、ダイス運次第でおぞましい攻撃力を発揮します。その代わり、筋力の半分以下の必筋の武器しか使うことができないため、基本的な威力はどうしても低くなりがちです。

この小難しい仕様のフェンサーという技能をうまく使うためには、まず、武器ではなくダメージボーナスで戦うことを基本にしながら、クリティカル値が基本的に8になるよう工夫する必要があります。

また、フェンサーはBテーブル技能であり、レベルが上がりやすい反面、自動習得技能を持ちません。それゆえ、他の技能によってなんらかの補強をする必要が必ず生じます。

 

 

2.C値をどう下げるか

(1)必殺攻撃を利用する

もっとも手早い方法は、〈必殺攻撃〉を特技として習得することです。これだけで、C値をさらに1つ下げることができるので、もしも種族が人間なら、ゲーム内時間で1日に1度だけ、7以外の出目を必ずクリティカルに変更することができます(種族特徴【剣の加護/運命変転】による。デフォルトでC値10の武器を使った場合)。

この方法の問題は、〈武器習熟Ⅱ/ソード〉を取得したのちに利用できる、ピアシングや〈武器習熟/スピア〉で利用出来るピラーなどのC値9の武器を利用する際に、特技が死んでしまうということです。それでも、筋力の増加に伴って、これらのクリティカル前提武器に頼らない戦闘ができる点では、必殺攻撃の方が伸び代があるのかもしれません。

 

(2)C値の低い武器を使う

すでに言及したように、幾つかの武器ではC値が9に設定されており、この武器を使えばいつでもC値8で戦闘を行うことができます。〈必殺攻撃〉を宣言して回避ボーナスが−2されるペナルティを毎ターン経験する必要がなくなるので、これはこれでおすすめの方法です。

 

(3)魔法に恃む

実は、「プリースト」レベル4で、敵がダメージを受ける際、攻撃者のC値を−1する、という魔法を習得することができます(賢神キルヒアの特殊魔法)。この方法でも、C値を8まで下げることができます。また、この方法なら、MPの成長も望めるため、「エンハンサー」技能の利用など、様々な可能性が広がります。

 

3.フェンサー基軸構築案

フェンサーを軸にした構築はかなり難しいのですが、何を隠そう私の初めてのPC(ジョシュア・カンプベル)はフェンサー基軸キャラクターです。単独冒険者でもあり、初めての冒険の段階から、一人でコボルド4匹を同時に相手して瞬殺し、ボスを単身で撃破した猛者でもあります。

 

フェンサーの魅力は、技能レベルを上げやすいために、回避力が上がりやすいところです。場合によっては、私のジョシュアのように、初めての冒険の段階でレベル3スタートして〈回避行動〉を習得することもできます(開始時点で回避力7!)。

さらに、クリティカル値の問題は、〈両手利き〉によって克服することができます。クリティカルが出ないなら、試行回数を増やせばいいのです。こうなると、〈ファストアクション〉を目指したスカウトへの経験点消費も有効であると言えるでしょう。

 

ただ、この構築は伸び代が小さくなります。

まず、〈両手利き〉と〈二刀流〉で、貴重な特技スペースを2つも取られてしまいます。これに加えて、〈武器習熟/**〉が必須であることを考えると、なかなか他の特技に手が出ません。さらに、これらを取得しても、必筋の不足による攻撃力の不足は否めません。

しかし、〈両手利き〉のネックである、持つことのできる武器の必筋上限が15になるペナルティは、フェンサーの場合気にする必要がありません。筋力が30まで育つことはそうそうないので、この条件に引っかかるよりも、『筋力の半分』という技能による上限に引っかかることの方が多いからです。

 

いずれにしても、フェンサーの場合、他の技能と組み合わせて、柔軟に戦闘する必要があります。組み合わせの例を以下で見てみましょう。

 

3.フェンサーの組み合わせ技能について

まず考えられるのは、 「エンハンサー」との組み合わせです。キャッツアイとマッスルベアー、さらに〈牽制攻撃Ⅲ〉を組み合わせれば、命中率を+4した状態で攻撃することが可能です。とはいえ、〈牽制攻撃〉シリーズに割く技能枠はあまりないので、〈牽制攻撃Ⅱ〉が限界でしょう。この場合、〈練体の極意〉は習得しておいて損はないでしょう。さらに練技ジャイアントアームを駆使して、ダメージボーナスを+3まで持っていけば、安定してそれなりのダメージを与えることができるでしょう。

ここまで重ね掛けしても、それなりのダメージしか与えられないということが、フェンサーの課題です。これを克服する構築として、「コンジャラー」のエンチャント・ウェポン系列の魔法を〈マルチアクション〉で発動して攻撃するというスタイルが考えられます。もちろん、これは私のような単独冒険者を前提としているので、こうした補助は他のメンバーに任せることも可能です。その場合でも、〈マルチアクション〉と「ソーサラー」魔法の組み合わせなどでダメージを上乗せする戦法は有用でしょう。

 

 

つまるところ、フェンサーをメインにした構築は難しいのです。私自身、最善の構築を考案することができていない技能です。今後とも可能性を探求してみたいものです。

 

玄人向けビルド検討はじめました↓

trpg.hatenablog.com